ホームページでそんなに稼げるの?

米で1億円ブログ男が登場!?気になるアフィリエイト事情

2005.09.22 THU

アメリカに、グーグルアドセンスで年1億円稼いだブログ男がいるらしい…。

何じゃそりゃゃゃ!と思わず叫んでしまいそうな話だが、「アフィリエイト・プログラム」という言葉をご存じだろうか? これは、自分のウェブサイト(ブログなど)やメールマガジンに広告を貼り付け、条件に応じて報酬(現金やポイントなど)が支払われるシステムのことだ。

アフィリエイトのなかでも、もっとも手軽なのはグーグルアドセンスだと言われている。利用方法は至って簡単。同サイトで登録を済ませ、自分のホームページに簡単なプログラムコードを貼り付けるだけ。たったこれだけで、自分のブログに何か適当な文章を書き込むとそのキーワードを抽出し、内容に合致した広告を表示してくれるのだ。たとえば、好きなアイドルの話題を書くと、自動的にアイドル写真集の販売サイトの広告+リンクが現れる。

それにしても、ブログで年1億円なんて稼げるものなのだろうか? 「アフィリエイト・マーケティング実践マニュアル」(翔泳社)の著者・和田亜希子さんに、昨今のアフィリエイト事情を聞いてみると…。

「ブログ1億円男(http://calacanis.weblogsinc.com/)の場合は、個人運営ではなく複数のブロガーを雇っていたようですね。日本でもアフィリエイトで月に数百万円、年数千万円稼ぐ人もいますよ」

マジですか!? じゃ、ボクもブログでアフィリエイトやれば稼げますかね?

「本格的に稼いでいる人は、金融系や健康美容系など、報酬単価が大きめのジャンルが多いですが、これらはすでにかなりの激戦区。ただ、特定のテーマに絞ってコツコツ記事を更新すれば、それなりのお小遣い稼ぎにはなりますよ」(和田さん)

広告のクリック数はアクセス数に比例するため、ガッツリ稼ぐには「マメな更新頻度」と「ブログの面白さ」が重要になるんだとか。やっぱり、楽して稼げるわけじゃないのか…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト