無料のインターネット電話ソフト、使ってる?

スカイプやGoogle Talkってすごいの? 何が便利なの?

2006.03.09 THU

無料のインターネット電話ソフト、ご存じですか? パソコンでお互いがこのソフトを使えば、タダで通話し放題なのです。

なかでも、全世界常時500万人前後がオンライン(通話可能状態)にいる「スカイプ」はその代表で、日本ではライブドアがスカイプ社と提携し、「livedoor スカイプ」(http://skype.livedoor.com/)を無料配布しています。グーグル社の「Google Talk」(www.google.com/talk/)も、メール機能との連動が注目されていますが、性能面においてはスカイプが先行したツールと評価されているようです。

使い方は至って簡単。まずソフトをダウンロードしてパソコンにインストールします。また、別売りのマイク付きヘッドホン(1500円程度)を購入。あとは、相手のID(電話番号のようなもの)を登録して発信ボタンを押すだけです。実際に使ってみると、固定電話と変わらぬ高音質で通話することができます。

ただし、インターネット電話ソフトにはちょっとした弱点が。まず、パソコンの電源がオンになっていないと使えません。また、モニタの前で着信に気づき、ヘッドホンを装着しようとあたふたしているうちに、コールがタイムアウトしてちょっと恥ずかしい気分を味わうことも…。

とはいえ、スカイプやグーグルトークはインスタントメッセンジャー(IM)機能を備えているため、チャットでお店情報などのURLを送信でき、スカイプなら5人までの同時通話も楽しめます。さらに、2月末からはスカイプに電話番号を割り振った「スカイプ・イン」が日本でもスタート。固定電話や携帯電話からスカイプへの着信も可能となりました。

インターネット電話ソフトの利用者はまだまだ少数派ですが、サービスそのものの使い勝手はどんどん良くなっている模様。意外と簡単にはじめられるので、パソコンはどうも苦手…なんて人も、ちょっと試してみては?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト