ネットで広がる面白コンテンツたち

あなたの成分はいったい何?「成分解析」がウケる理由

2006.05.25 THU

ある単語を入力するだけで「人生の82%はやらしさで出来ています」「株の57%は世の無常さで出来ています」等々、ズバリその単語の「成分」をシュールに解析するフリーソフト「成分解析」(http://tekipaki.jp/~clock/software/)が一時期、大ブームとなった。自分の主成分が 蛇の抜け殻 や 濃硫酸 だとチト萎えるが…妙に当たっているようにも思えるのが不思議。

「入力された文字列を特殊な計算式で数値化し、それをもとに成分・比率が決定します。『当たってる!』との声が多いのは少し怖いですけど、楽しんでもらえていればいいのかな」(作者のClockさん)

こちらのソフトはウェブ版(http://seibun.nosv.org/)もあり、ブログやSNS(ミクシィなど)を通じて爆発的に広まった。ピーク時には、フリーソフトのダウンロードページが1日30万アクセスを叩き出したという。現在、本家・成分解析のブームこそ落ち着きつつあるが、「胡散臭い成分解析機」「戦国武将解析」から「萌えフィギュア解析」まで、フォロワーツールがワラワラ出現。ブログ、SNSがポピュラーになったいま、新感覚のバズ効果(口コミ)として注目を集めている。

「テレビや雑誌で見かけないインパクトのあるものは、なんだか自分だけが知っている気になってつい知らせたくなる。それがブロガー心理です。『成分解析』は試すのも簡単だし、結果をコピペしただけでもネタになるから、ブログのエントリーやSNSの日記のネタになりやすかったのでしょう。レビューを書くのにセンスが必要だったり、説明が難しい場合は、なかなか一般ブロガーは取り上げづらいですから」(『ブログ進化論』著者の岡部敬史氏)

この「成分解析」のように、インターネットでは面白コンテンツがちょっとしたブームに発展するケースが多い。こういった何気ないヒットに、次のビジネスチャンスやそのヒントが隠されている…のかも?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト