僕には聞こえないんですけど…

若者だけが聞こえる!?噂のモスキート音って何だ?

2006.07.20 THU

「この音聞こえる? 大人には聞こえない音なんだって」。そんな口コミで、あるMP3ファイルが話題だ。さっそく33歳の筆者もトライしてみると…ハイ、再生終了。えっ、何も聞こえない!? 少々焦りつつ、周囲にも聞かせてみた。「ピーって普通に聞こえるけど」(17歳男子)。「耳鳴りみたいにキーンキーンって鳴ってるよね」(26歳女性)。「えっ、これって何か音がするの?」(38歳男性)。あら、10~20代半ばはごく普通に聞こえることが判明。思わぬところから加齢感を突きつけられてしまいました…。

そもそも、この音の発信源はイギリス。若者だけが感知できる耳障りなノイズを発生させ、店頭でたむろするキッズたちを追い払うための装置「モスキート(蚊)」がネタ元だ。しかし、この音が若者たちの間でケータイの着メロとして大流行。イギリスのキッズたちは授業中に鳴らしまくり、聞こえずにキョトンとする先生を見てクスクス笑っているんだとか。

だが、若者には聞こえるけど大人(っていうか中年?)には聞こえないってどういうこと? 音の研究で知られる産業技術総合研究所・倉片憲治博士に聞いてみた。

「人間の耳が感じ取れる音の周波数は20~2万Hz(ヘルツ)とされていますが、このモスキート音は1万7000Hzの音ですね。高い音を聞き取る力は年齢に応じて明確に低下していきますから、30代だと聞こえない人も出てくるでしょう。ただ、個人差が非常に大きいので、これで“耳年齢”が分かる、ということにはなりません。イギリスのノイズ発生装置も面白い試みだとは思いますけど、本当に若者“だけ”を追い払えるかどうかは少々疑問ですね」

倉片博士によると、ヘッドホンで聞く大音量音楽はもちろん、過度の喫煙も聴力の低下と関連するそうだ。この音が聞こえないのは個人差でしょ?なんて言い訳でごまかしたいところだが、確実に耳のオヤジ化は進んでいるのかも。うーん、本当にショックなんです…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト