あのヴァーチャルアイドルが帰ってきた

伊達杏子、6年ぶりにセカンドライフにて復活!

2007.09.20 THU

6年もの長い沈黙を破り、ホリプロ所属のタレント伊達杏子が、ついに活動再開を発表した! え、伊達杏子って誰だって? そんな寝ぼけたことをいっているのは、どこのどなたかな。伊達杏子クンといえば、CGを使った世界初のヴァーチャルアイドルとして96年にデビュー。ラジオ番組のレギュラーを持ち、CDもリリース、欧米メディアから注目され、韓国デビューまで果たした完全無欠のスーパーアイドルなんですよおおお。思い出していただけましたか? 

そんな伊達杏子クンが、今年8月、セカンドライフ内のライブスペースにMCとして出演したという情報をキャッチ。さっそく直撃インタビューに行ってまいりました。

アレ、ずいぶん幼い印象になりましたね。

「あー、私は3代目なんですよ。96年にデビューしたのは初代の伊達杏子DK‐96さん。翌年DK‐97にバージョンアップして、韓国でデビューしたDIKIさんまでが、初代伊達杏子さんですね。その後に生まれた伊達杏子DK‐2001さんが2代目で。私のパーソナリティは、DK‐2001さんから受け継ぎました」

??? 確かに金髪だし、別人ですねえ。伊達杏子って襲名するものなんですか。

「ハイ。今は、セカンドライフを活動の拠点として司会やレポートをしています」

6年ぶりの復活ということですが、そのあいだ何をやってらしたんでしょう?

「世界各国のサーバーをさまよってました。いわゆるサーバー留学っていうんですか。で、サイバースペースの環境も整ってきたんで、そろそろ復活なのかなあって」

マネージャーさんが語るところによれば、当面、セカンドライフ内でのレポートや、インタビュアー、MCなどで活動させていく予定だとか。ほかにも、某テレビ局から出演依頼もきているらしい。本当に、時代が伊達杏子クンに追いついてきたのかもしれない。もし、セカンドライフにジャックインする機会があれば、杏子クンを探してみてね!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト