20代までの4人に1人がメール告白!?

彼女のハートをぐっとつかむメールの文面作りに挑戦してみた!

2008.03.14 FRI


ちなみに、男の絵文字利用については「使い過ぎなければ全然OK。そもそも、軽いノリの嫌いな子は合コンには来ないでしょうから、気にし過ぎなくてもいいですよ」(にらさわあきこさん)とのこと。ためになります!
もし両親が出たらどうしよう。そんな不安を胸にダイヤルをまわした筆者の少年時代。今やメアドさえゲットすれば気軽に女子に連絡できるのだから、文明の発展はありがたい。

先日、セガが携帯ユーザーを対象に行った調査では、10~29歳のおよそ4人に1人が「告白する時は携帯メールで」と回答したという。メールでコクるなんて少々チャラい気もするが、デートの誘いなど携帯メールに頼る局面は多いはず。

となると、女性に好印象を与える文面は工夫したいところ。というわけで、女性の恋愛事情に詳しいライターのにらさわあきこさんに聞いてみた。

「電話が苦手な女性は多いですが、それは自分の生活空間に突然侵入されるようなプレッシャーを感じるから。メールも同じで、急を感じさせるフレーズはNGですよ」

ふむふむ。では、合コンで出会った女子を後日サシで誘い出すシチュエーションを例に、僕のメールを添削してください!

まずは、男らしく強気に。『第一印象から気になっていました。俺と付き合わない?』なんてのはどうだ!

「ダメです! 返事を強要する急な問いかけはNG。この文面では、多少の好印象を持っていても、もう一度会いづらいですよね。ただ、女子は褒められたい生き物なので、気になっていたというフレーズはうれしいものですよ」

うっなかなか難しい。では、もっとシンプルに。『今度、二人だけで会えませんか?』。これ、どうすか?

「簡潔なのはいいのですが、ちょっと答えづらいですね。二人であることに特別な意味を含ませているので、Yes・Noを突きつけ過ぎている感があります」

ううむ。ちょっとサービス精神が足りなかったか。では、『先日はありがとう。久々に楽しい飲み会でした。ぜひまた遊んでください!』ってのは?

「あ、これはいいですね。返事のしやすい無難な文面だと思います。デートに誘うにしても一度にすべてをやろうとせず、ここからやり取りを始めるのがベター。女性は何度かメールを重ねると、一定の関係ができあがったように錯覚しますから」

お、これは使えるぞ。どうやら総括すると「急はNG」に集約されるようだ。

「デートに誘うにしても、『映画に行こうよ』と書くよりも、『映画か食事でも』など、押し付けずに選択肢を与えることで、女子は答えやすいし誘いにも乗りやすくなるんですよ」

なるほど、勉強になりました。よし、さっそく実践だ! って、まずは素敵な女性と出会うことが先決なんですよねぇ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト