難しそうだから無理!と思っているあなたに…

ものすごーく簡単な映像編集方法を知りたい!

2008.06.13 FRI


作った動画をブログなどに貼り付けたい場合は、YouTubeにアップ。メールアドレスでID登録して『動画をアップロード』ボタンを押して『参照』で動画ファイルを選べばすれば簡単にアップ可能です。もし他人に見られたくなければ、『公開オプション』で、友人以外には非公開の設定にすることも
最近は、デジタルビデオカメラも使いやすい機種が増えました。それにケータイでも簡単に撮れるから、友人の結婚式や彼女とのデートなど、誰もが気軽に動画を撮って楽しんでいます。

でも、その動画を観ていると、「あ~、このシーン編集したいな」って思うこと、ありますよね。でも、そんな技術も特別なソフトを買うお金もない。そこで、初心者でも簡単にできる編集術を、WEBでの映像事業を手がける会社『パズブロック』の社長、長田恒司さんに伺いました。

「簡単な編集作業には、特別な技術も高いソフトも必要ありません。ただ、デジタルビデオカメラで撮った映像をPCに取り込むために、両方をケーブルなどでつながなければいけません。ビデオカメラに付属している場合もありますが、今回はカメラに入っているメモリカードを読み込む『メモリカードリーダー』を使ってみましょう。これは、数千円で購入できます」

メモリカードはデジカメで撮った画像をPC上で開くのと同じ要領で、Windowsならマイコンピュータ上に表示されるそう。とりあえずデジカメを使える人ならば、ここまでは問題ないですね。さて、いよいよ編集です。

「最近のWindows PCに標準で組み込まれている『Windowsムービーメーカー』を使います。このソフトを立ち上げて、画面左にある『ビデオの読み込み』で動画ファイルを読み込みましょう」

ここでは動画だけでなく、音声ファイルも取り込み可能。動画に音楽や効果音を使いたければ、フリー音源サイトに行ってダウンロードしておくのがいいそうです。

「さて、続いて読み込んだ動画を今度は画面下に表示されている『タイムライン』にドラッグします。これは、長い巻き物に漫画のコマを横に貼り付けるような作業です。巻き物の横が時間軸で、中には音を入れる場所もありますよ」

実際に使ってみるとエラく簡単! 好きな順に動画を配置して、音楽ファイルをバックに入れて、最後に「動画の保存」を押せばできちゃった! 5分くらいの長さの動画がたったの20分くらいで完成!

「簡単でしょう? また、ケータイで撮った動画の場合、メモリカードを使えばPCに取り込むことは可能ですが、そのままのファイルだと編集できません。ネットでダウンロードできる『携帯動画変換君』などのフリーソフトを使って、編集できるファイルに変換しましょう」

ちなみに、Macの場合は「iMovie」というソフトでほぼ同様の編集が可能だとか。それにしても、こんな簡単な編集ソフトがPCにもともと入っていたなんて知りませんでした。今まで「難しそう」とあきらめていたみなさんも挑戦してみては?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト