iPhoneアプリ「セカイカメラ」で注目!

リアルとデジタルが融合する「AR」ってどんな技術?

2009.11.05 THU



撮影/熊林組
突然ですがみなさん、「AR」って何の略でどういう意味だか、ちゃんと答えられますか? 答えはAugmented Realityで、日本語では「拡張現実」と訳されるとか。イマドキの就活生ならおさえておくべき重要キーワードだそうですが、何のことだかわからない方も多いのでは? そこで『ARのすべて~ケータイとネットを変える拡張現実』(日経BP社)の編集者である武部健一さんにお話をうかがいました。

「ARとは、広くいうと現実の映像とか音とか、将来的には皮膚感覚などに、デジタル情報を重ね合わせる技術です。ゲームでおなじみのバーチャルリアリティは完全にコンピュータの中に世界を作る技術ですが、ARは現実とコンピュータの情報をうまく組み合わせましょうというものです」

そのARを利用したもので、最近話題なのがiPhoneアプリの「セカイカメラ」。

「これはiPhoneのカメラを使って液晶に映し出された風景に、ランドマークの名称をはじめ、文章、音声、写真などの『エアタグ』を投稿したり、閲覧したりすることができるソフトです。このエアタグはGPS情報にひもづいているんです」

このAR技術が進化すれば、将来的にはメガネ状の機器を通して相手を見るだけで、名刺交換をせずとも相手の名前が表示されたり、マンションを外から眺めるだけで賃貸物件や駐車場の空き状況がわかったり、街中では現在セール中やクーポンが使えるお店がわかったり、さらには自分にしか見えない彼女やペットが見えたり─とまるで『ドラゴンボール』のスカウターや、『電脳コイル』の電脳メガネのように進化するかもしれないという。

ただし察しの良い方は既にお気づきでしょうが、この技術はネット掲示板が現実に飛び出すに等しく、意図的に悪口やデマを貼り付けたり、ヤバげな商売に使われたりと悪用の恐れも。面白くて便利そうだけど、怖さもあるAR。やはりテクノロジーは生かすも殺すも使い手次第なのかも。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト