ネットの住民になりたい

第9回 URLに日本語が使えるって本当?

2009.11.11 WED

ネットの住民になりたい

アルファベットはもう古い? 日本語ドメインって何?



自分で好きなようにURLを決められる独自ドメイン。

自分のブログを広く認知してもらえるようにわかりやすいドメインを取得することは、読者にブログを読んでもらうためにはとても有効。でも、それならいっそ“日本語”にするなんてどうでしょう? そう、URLに日本語が使えるんです。

「URLに日本語を使うためには、2001年から始まった『日本語ドメイン』を取得する必要があります。日本語ドメインとは、『日本.jp』のように“jp”の前を漢字やひらがな、カタカナにできる独自ドメインのことです。ドメインに母国語を使用したいという要望が90年代後半に世界的に広がり、いまでは日本だけではなく、世界中で母国語を使ったドメインが利用できるんですよ」

と解説してくださったのは、日本語ドメインをはじめ「.jp」のドメインの登録、管理を行っている、日本レジストリサービスの宇井隆晴さん。では、日本語ドメインのメリットって、具体的には何があるんでしょうか?
イラスト/コットンズ URLをブラウザのアドレスバーに直接打ち込むことって、意外にありますよね。日本語ドメインなら、こんなふうにURLとにらめっこしながら打ち込むことはありません
「まず日本人にとって読みやすく、理解しやすいというメリットがあります。探しているサイトが見つけやすいということです。逆に日本語ドメインを取得すれば、読者に訪れてもらいやすくなります。覚えてもらいやすいので、検索を使わずにダイレクトにサイトに訪問してもらえる。アルファベットだとわずらわしい入力が、日本語ドメインなら簡単ですよね」(同)

なるほど、アルファベットだとスペルミスや、覚えにくくて何回も資料を見直したりとかありますもんね。見る側にも、使う側にも優しいドメインということですな。

「メールアドレスに日本語が使える規格化も進んでいます。インターネットがより身近になっているので、その分、誰にでも使いやすいインターネット環境を目指しているんです」(同)

なんでも日本語ドメインは、WEBブラウザ上で日本語がアルファベットのURLに変換され、インターネット上ではこれまでと同じ方法でデータのやりとりができるんだとか。ただ、この変換を最も効率的に行うにはどうしたらいいのかといった、世界標準の規格を策定するには様々な苦労があったそうなんです。

日本語ドメインはインターネットの進化のカタチでもあるわけですね。ブログを始めるにあたって、見る人に優しい日本語ドメインを検討してみてはいかがでしょう? 自分のブログにさらに愛着がわくはずです。

あの企業も、あの有名人も日本語ドメインを使っていた!



日本人が普段使っている日本語がそのままURLとして使える日本語ドメイン。

サイトを見る人にとってわかりやすく、見つけやすくなるこのサービスは、企業も注目しているようで、商品サイトやキャンペーンサイトにも活用されているようです。
栄養ドリンクのユンケルのサイト。「ユンケル.jp」と打ち込めばアクセスすることができます
例えば、栄養ドリンクのユンケル。商品サイトのURLは「http://ユンケル.jp/」です。これなら検索画面で出てきたときや、街で見かけたとき、すぐにユンケルのサイトだとわかりますよね。それにアクセスする際も『ユンケル.jp』と入力するだけでとっても簡単なんです。

さらに、日本語ドメインを使用している有名人ブロガーも! URLボックスに「有森裕子.jp」と打ち込んでみてください。バルセロナ五輪の女子マラソン銀メダリストである有森裕子さんのブログにアクセスできます。また、ブルガリア出身の大関・琴欧洲関のブログも「琴欧洲.jp」でアクセスすることができます。プロ野球の石井琢朗選手のブログも「http://石井琢朗.jp/」です。

企業や有名人ブログにも使用されている日本語ドメイン。その理由を「.jp」ドメインの登録、管理を行っている日本レジストリサービスの宇井隆晴さんに聞いてみました。

「見た目のインパクト、わかりやすさはもちろんですが、アクセスしたい人がダイレクトにサイトに訪れやすくなることが日本語ドメインのメリットです。企業サイドも、電車の中吊りや雑誌広告からサイトに誘導しやすくなる。多くの人にサイトに訪れてもらうための手法のひとつとして、日本語ドメインは2001年の立ち上げ以来注目されてきました。日本のブログタイトルはやはり日本語であることが多いので、タイトルをそのままアドレスにできる日本語ドメインはオススメです。ブログのアドレスを名刺なんかで紹介する際にも、日本語だと覚えやすいしアクセスしてもらいやすいのではないでしょうか」(同)

URLを日本語にすれば、少し見聞きしただけでも覚えてもらえますもんね。アルファベットではなかなかそうもいきません。日本語ドメインならではのメリットが、ブログでも活用されているんですね。

ちなみに日本語ドメインの取得は、他の独自ドメインと特に変わりません。同じように重複しているドメインがないか確認すれば、取得することができます。独自ドメインの登録サイトで手続きを行うだけでOK。

自分のブログのURLを、すぐに、確実に伝えることができる日本語ドメイン。ブログのアクセスアップの強い味方かも! 日本語ドメインはけっこう見かけますが、
個人のブログでも使えるんですね。

この間、独自ドメインを調査したとき学んだ
「タイトルとURLをリンクさせる」と組み合わせれば
さらにブログの集客が見込めそう!

手打ちが楽だったり、検索画面で
見つけやすいというのは運営する側にも見る側にも
メリットになりますよね。

人気ブログになるための要素が
いろいろ揃ってきましたけど、まだまだありそう!

これからも調査を続けますので、
応援よろしくお願いします!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト