ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「湯船に浸かる、浸からぬ」論争「ジップロックでDSするよ」

2009.12.08 TUE

噂のネット事件簿


10~30代の過半数が「湯船に浸からない」というアンケート結果 ※この画像はスクリーンショットです
 ソニーマーケティングが行ったアンケート調査により、過半数の男女が「お風呂で湯船に浸からない」という事実が判明し、ネット上では風呂論議が沸き起こっている。

この調査は、同社が11月26日(いい風呂の日)に、全国の10~30代の男女660人を対象に行ったもの。調査によると、「毎回湯船に必ず浸かる」と答えたのが48.2%だったのに対し、「毎回は浸からない」が42.1%、「全く浸からない」が9.7%で、実に51.8%の男女が湯船に浸かる習慣が無いことが分かった。

同社はこの結果を受け「若者のお風呂離れの実態が明らかになった」との分析結果を発表したが、この結果が報じられると、ネット上では「風呂論争」が勃発。「浸からない派」が「湯船に浸かってる時間がヒマ」「時間もお湯ももったいない」「シャワーを浴びて体を洗えば十分」と主張すれば、「浸かる派」が「風呂に浸かりながらボーっとする時間が最高!」「至福の時間」「気の毒なヤツらだ」と言い返す。

それに「時間があれば俺だって入りたい」「ユニットバスだし…」という「入りたいけど派」が加わって、3つの派閥が舌戦を繰り広げた。

さらにこの論戦には、「本を読めよ。毎日本を読む習慣がつくぞ」「ジップロックに入れればDSとかできるよ」と風呂を有意義に過ごすアドバイスを送る者や、「風呂に毎日入る習慣なんてせいぜいここ50年だろ」「車離れ、活字離れ、テレビ離れ、映画離れ、旅行離れ、音楽離れ・・・・で風呂離れ?○○離れって言いすぎなんだよ」と社会分析を展開する者も登場。湯船に浸かる、浸からないにかかわらず「みんな、風呂について語るのは嫌いじゃない」ということが明らかになった。

なお、最近は骨盤体操がちょっとしたブームになっているが、均整院の院長によれば、「シャワーだけで済ませるのは骨盤的にはNG」とのこと。体が冷えると骨盤の開閉が上手くいかず、結果的に骨盤がゆがんでしまうので、少し熱めのお湯にへその上まで浸かり、上半身が汗ばむぐらいまで入るのが良いそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト