ネット界の“旬”なニュースをお届け!

生まれてくる男の子に「飛来」とつけたい。これ読める?

2009.12.18 FRI

噂のネット事件簿


DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)のランキング。1位は戦争(せんそう)、2位「僕(しもべ)」、3位「誠太郎(せいたろう)」、4位「賢一郎(けんいちろう)」、5位「羽姫芽(わきが)」。いずれも女の子 ※この画像はスクリーンショットです
 女性特有の悩みや相談が多数寄せられる掲示板「大手小町」で閲覧数・コメント数ともに大盛況の質問がある。それは12月14日14時38分にアップされた「子供の名づけ 【飛来】読めますか?」というものだ。12月16日9時現在、アクセスランキングは4位で、レス(コメント)数は370となっている。

 質問者は現在妊娠37週目の妊婦で、生まれてくる子供は男の子になるという。現在夫婦ともに「飛来」という名前を気に入っている。この名前については「今は奇抜な名前が多いので私たちの子供の名前はそんなに変ではないと思いますが、皆さんに感想を聞きたくてトピをたてました」とのこと。

 ちなみに読み方は「トライ」だそうだ。「飛来」が第一候補ではあるものの、他の候補として「来飛(ライト)」「来人(ライト)」「健太郎(ケンタロウ)」「虎太郎(コタロウ)」がある。

「読めますか?」という質問に対する回答としてかなり多かったのが「『ひらい』と読んでしまいました」「飛来って・・・あなたのお子さんは渡り鳥ですか?」「ひらい?爆撃機みたい…」など「ひらい」と読んでしまった、というもの。

 また、「トライ君。家庭教師の会社みたいですね。宣伝ですか?」「お子さんの目指す職業は家庭教師ですかね!?」など、「家庭教師のトライ」を連想する人も続出し、質問に対しては残念ながら「読めない」という人だらけとなった。

 実はこれら子供の「読みにくい名前」はネット上で「鉄板」ともいえるほどアツい議論が毎回展開される。過去にはこんな事例がある。

「子供の名前『椰子』と書き『ココナッツ』と読ませたい」(ヤフー知恵袋で閲覧回数18万1784回、回答数1288件)
「2007年2月『稀星』を『きらら』と読めない! として、富山県立山町は出生届を受理せず。母親がブログで異議申し立て」(各種ブログ・ニュースサイトで大きな話題に)
「娘に『妃芽奈(ひめな)』とつけようとし、義母『キャバ嬢みたい!』と激怒」(ヤフー知恵袋で話題となり、その後ニュースサイトが取り上げ、閲覧数が多くなり過ぎて質問削除)

 この手の「読みにくい名前」は元々ネット上では「DQNネーム」(DQN≒バカ)と言われてきたが、最近では「キラキラネーム」と呼ぶ動きも出てきている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト