ONで役立つ!

通勤時間や営業回りでエクササイズ。普通に歩いてダイエット

2009.12.22 TUE


2009年10月に発売された「冬のクロスウォーカー」は、汗を吸収して発熱する素材「エクス(R)」を使用したモデル。ムレ感、汗冷えを抑える快適な温かさとサラリとした肌触りが売り。ちなみに、今回着用したのはこのモデルで、歩いているとじんわり温かくなってきた。機能を知らなかったので少し驚いたが、それくらいの温かさを感じることができる
内閣府が全国の20歳以上の男女3000人行った「体力・スポーツに関する世論調査」によると、この1年間に運動を全くしなかった人が約22%いるらしい。理由は「仕事や家事が忙しい」が一番多いとか。たしかに、心当たりがあるかも。

そこで紹介したいグッズが「ワコール クロスウォーカー」。日常生活のなにげない歩行をエクササイズに変えてくれる“男性下着”なのだ。

仕組みは、ワコール独自の「クロス構造」によって、歩くたびに太もも前側の筋肉に適度な刺激を与えて、歩幅を自然に広げるというもの。体の筋肉でもっとも大きい太ももとヒップを使う歩き方になるので、エネルギーを消費しやすく、代謝がアップするのだという。使い続けることで、体脂肪が減少し、お腹のシェイプが期待できるとのことだ。

ということで、実際に着用してみることに。まず、普通の下着に比べるとはくのが大変。締め付けがきついので、たぐり寄せながら少しずつはいていき、股部やおしりの位置を正しい位置に調整しなくてはいけない。ただ、その締め付けのお陰で、着用後は下腹部とおしり、太ももがキュッと引き締められた感じで、今日は歩くぞと気合が入る。歩幅も広くなったせいか、心なしか歩きやすい気も。

機能実感度を上げるために、一日6000歩以上歩くことが推奨されているが、営業で外回りをしている人なら意外と簡単に達成できる歩数だろう。普段歩かない人でも、「クロスウォーカー」をはいているということで、一駅二駅歩いてみようかな、と思ってしまう。この意識変化は大きいかもしれない。週5日着用、1カ月程度で効果が実感できるとのことなので、これから続けてみるぞ。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト