新年に向けて、もう一冊買い足したい!

「なりたい自分」を叶える 買い足したい“目標別手帳”

2009.12.24 THU

早いもので2009年も残りあとわずか。来年の手帳はもう買いました? 最近は、スケジュール管理のみならず、趣味や目標に合わせてカスタマイズされた手帳も数多く発売されています。2010年は、普段使う手帳のほかに、そんな“目標別”の手帳を買い足してみては?
例えば、「来年こそ英語をマスター!」という人は、『英語手帳』(IBCパブリッシング/2205円)、「能率よく働いてプライベートを充実させたい!」という人なら『ワークライフバランス手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン/1575円)。「“歴女”を目指したい!」という人には『歴史手帳2010年度版』(吉川弘文館/900円)なんていうのも…。
「昨年、一昨年と比較すると、2010年は手帳の売り上げが伸びています。手帳から離れて、電子手帳やインターネットでのスケジュール管理をしていた人が、また手帳を使い始めるという、アナログへの回帰現象が見られますね」とは、『夢をかなえる人の手帳』をはじめ、『合コン手帳』『合格手帳』など、目標別の手帳を数多く発売しているディスカヴァー・トゥエンティワンの千葉編集長。目標を達成するためには、手帳を使うことが重要だと言います。
「自分の手で書き込んで、終わったらひとつずつ線を引いて消していく。デジタルでは味わえない達成感が魅力です。単なる予定ではなく、『この頃はこうなっているはず』と未来の日記を書くつもりで使ってみてください」(同)
手帳の使い方で自分も変わる。目標達成のモチベーションをアップさせてくれる手帳を見つけて、来年こそ、“なりたい自分”を目指しましょ!
(増田真理)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト