ルックスだけでなく実力もバッチリ!

2月12日バンクーバー五輪開幕! 注目のイケメンアスリートを先取り(ハート)

2010.01.28 THU

いよいよ2月12日にバンクーバー五輪が開幕! でも、ウィンタースポーツはルールすらよくわからなくて…なんて人も多いはず。そんな人はとりあえず見た目から入っちゃう? ということで、L25世代女子がチェックしておきたい“今大会注目イケメンアスリート”を、スポーツニッポン新聞メディア編集部に聞いてみました。

「まずは正統派さわやかイケメン、スキー・ノルディック複合の小林範仁選手。昨年、世界選手権団体戦で金メダルを取った日本チームの期待のエースです。明るいキャラクターでサービス精神も旺盛。チームのムードメーカー的存在のようですね。スピードスケートの加藤条治は見た目はかわいい感じですが、内面は熱い選手。先日の壮行会では、加藤選手本人からメダル奪取宣言が飛び出し、気合十分のよう。好不調の波がある選手ですが、元世界記録保持者の力を発揮できれば、メダルの可能性は大きいと思います。スキー・アルペンの皆川賢太郎選手はワイルド系イケメン。スキー・モーグル代表の上村愛子選手のご主人として有名ですが、彼自身もともと力のある選手です。ケガに泣かされ結果を出せずにいましたが、今大会は期待したいところですね」

さらに、フィギュアスケートも麗しきイケメン選手の宝庫なんだとか。

「高橋大輔選手や織田信成選手など、シングルの選手ばかりに目が行きがちですが、実はアイスダンスの男性選手にもカッコいい人は多いんですよ。あまりルールを知らない女性でも楽しめる競技だと思いますので、注目してみてください」

イケメンを追いかけるうちに、ウィンタースポーツにハマってた…なんて人も多くなるかも。とにかく女子のみなさん、バンクーバー五輪は見逃せませんよ!
(取材+文・佐藤ちほ/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト