社会人、春の合コンスタート!

若さと勢いだけじゃ頭打ち? 社会人合コンの正しい戦術

2005.04.01 FRI



レジャー
桜の花咲くころ、念願の社会人となり、社会人合コンに挑む諸君。OLやスッチー、女子アナなど、学生時代とはグレードの違う合コンが待っています。…とは言いつつも、実際にどう挑めばいいのか?「合コンは歯磨きと一緒。習慣です」と豪語する、夜遊び大好きライターの青柳直弥氏は言う。

「なかなか大人になりきれない男と違い、女のコはすぐに社会人として適応します。カッコイイ女の先輩にオシャレな店に連れて行ってもらったり、合コンも多く参加するので、男を値踏みするコが急激に増える。そこで一番重要なのは店選び。個室は基本です。ここで『金が無いのね』なんて足元を見られたら寒い結果になりますから。高くなくても『普段は食べれない料理を出す店』などで攻めるのがいいでしょう」

まずは格下に見られないことが重要なんですね。合コンチームを作り、相手チームとの出会いをプロデュースするソーシャルネットワーキングサイト『GOCCO』の代表、陳政安氏も首を縦に振る。

「やはり、学生時代との大きな違いは、女性は男に仕事であるとか、収入、マナーを求めてくるということです。楽しい会話も重要ですが、『その日だけ楽しめればいい』という考えの人は減っています。合コンをキチンとした男性と出会う場、人脈の広がる場と考えてますから」

なるほど、…でも新入社員でコネも収入もないR22読者はどーすりゃいいの?

「それを逆手に取ることもできますよ。セッティングの時に『今回は業界の大物が来るからカワイイ子集めて』と女のコに耳打ちすれば、人脈作りたい子がワンサカ来る、なんてのも社会人合コンの醍醐味。実際にはメンバーの誰かを大物ってことにしとけばいいんです(笑)」(前出の青柳氏)

とにかく、学生ノリでは勝てないのが社会人合コン。飲み代だけ出させられて逃げられる(しかも、その値段も学生時代に比べバカ高!)……なんてことのないように。
(篠本634/shortcut)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト