WHOも治療効果を認めている

20秒で鼻詰まりが解消!? 即効・簡単! ツボ押しテク

2010.02.18 THU



イラスト:佐藤広基
まだまだ寒いこの季節、くしゃみや鼻づまりに苦しんでいる人も多いのではないでしょうか? かくいう私も最近、風邪をひいてしまって鼻水、鼻づまりがひどいのですが、これ、何とかならないでしょうか…?

「鼻づまりを解消したいなら、小鼻のわきにあるツボを刺激すると効果がありますよ。軽い症状なら20秒ほどで鼻の通りがよくなるはずです」(翁鍼灸治療・翁 孟進さん)

実際に試してみると、これが思った以上に効果てきめんでビックリ。むむ、今まで半信半疑だったけど、実はすごいのかツボ!? ところで先生、このツボは何ていうの?

「それは『迎香』ですね。名前の通り“香りを迎えるようにする”ツボです。指やペンなどでグリグリと回しながら押すように刺激するとよいでしょう。ツボがある場所は、“少しくぼんでいて、押すとちょっと痛い”という共通点があるので、探すときの目安にしてください」

ふむふむ…先生、実は私、今まさに風邪でだるいし、頭も痛かったりするのですが。

「だるいときには『印堂』を押すといいですね。眉と眉の中間にあるツボで、押すと頭がすっきりするでしょう。頭痛のときは『太陽』が効果的。こめかみから目尻にかけて、少しくぼんでいる部分を20秒ほど押すと、症状を緩和できるでしょう」

なるほど。ところでツボの場所とか効果ってどうやって見つけられたの?

「ツボ押しなどの東洋医学は、ひと言でいうと経験療法。2000年以上の年月をかけて、様々な人たちが痛い部分を押したり、もんだり、あるいはなめたり、木の葉を貼ったり、鍼を刺したり、様々なことを行ってまとめた結果なんです。現在では361穴のツボが、WHO(世界保健機関)によって治療効果があると認められているんですよ」

翁先生によると、ツボ押しは「いつでも、どこでも、誰でもカンタンにできる」メリットがあるという。確かに、タダでできますしね。試しに、いまこの場であなたもツボ押ししてみては?
(島尻明典/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト