ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ピーポくんのぬりえコンクールが開催中

2010.02.23 TUE

噂のネット事件簿


生活の安全のため、ピーポくんのぬりえをやってみよう! ※この画像はスクリーンショットです
警視庁のキャラと言えば「ピーポくん」だが、現在警視庁は、警視庁のサイトにピーポくんと親睦を深めることができる「ピーポくんタウン」を開設している。「ピーポくんタウン」では、ピーポくんのプロフィールが紹介されているのはもちろん、ピーポくんファミリーもピーポくん自身のかわいらしい声で紹介されている。そのほか、ピーポくんのテーマソングを聴くことができたり、白バイを組み立てることができる展開図がダウンロードできたりするなど、キッズの関心をひくような内容が盛りだくさんとなっている。

また、キッズを対象に、ぬりえとともにフキダシに言葉を埋めるという「お題」を出した「ピーポくん ぬりえ・イラストコーナー」では、3歳から8歳までの子どもによる作品が紹介されており、そのセリフがなかなか示唆に富んでいる。

たとえば、全裸のピーポくんに対し、カタツムリが「そんな姿で風邪ひくよ!」(小3)と注意をする作品や、木に止まっているカブトムシに対し、ピーポくんが「スピードあげずにとんでね」(7歳)と注意するといった具合だ。

同サイトでは作品の送付を呼びかけており、現在(2月22日)は雪の降る丘で、笑顔で両手を広げ宙をあおぐピーポくんの隣に、雪だるまがたたずんでいるイラストが題材。もしお子さんがいるのであれば、これに色を塗り、ピーポくんのセリフを入れて郵送すれば警視庁のウェブサイトに皆さんのお子さんのイラストが掲載されるかもしれない。

なお、警視庁広報課情報発信基地によると、「できるだけおおくのさくひんを、ごしょうかいするよていですが、すべてをごしょうかいできないばあいがあります」とのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト