GWの旅行先候補をチェック!

上海、ポーランド、奈良etc. L25世代が注目したい人気旅スポット

2010.03.25 THU

みなさん、今年のGWのご予定は? 実際の休みはまだ先ですが、旅行の予約は今から押さえておきたいところ。とはいえ、まだ行き先に迷っている人も多いはず。そこで、『L25』世代にアンケートをとって注目の観光地を聞いてみると、1位ハワイ、2位韓国という王道エリアに続き、セドナが3位! 「安室ちゃんが行くくらいのパワースポットだから興味がある」(一華・34歳)という意見が大多数でした。

「セドナだけでなく、昨年くらいから“パワースポット”はかなり注目を集めています」とは、近畿日本ツーリスト(以下KNT)広報の立花泰明さん。確かに、ハワイを選んだ理由にも「買い物だけじゃなく、今年はパワースポットを巡りたい!」(さえ・27歳)という声が多く、伊勢神宮や出雲大社も上位に。パワースポットは、もはや旅先の定番なのかも。

では、パワースポットの先を行く、今後注目されそうな最新人気エリアとは?

「万博開催地の上海は、中国の古き良き街並みと、東京以上の大都会が融合した魅惑的な都市。夜景も美しくエステやショッピングも安くすむので、万博を機にGW以降は人気が高まると思います」(KNT中国担当・佐々木励子さん)

上海へは羽田から直行便で約3時間。この便利さも人気要素のひとつだそう。「あとは今年、ショパンが生誕200周年を迎えるので、彼の故郷のポーランドがメディアに多く登場し、注目を集めると思います。夏のベストシーズンに出発するポーランドツアーは、すでに多くの問い合わせがきていますね」(KNTヨーロッパ担当・岩井由記子さん)。国内では平城遷都1300年の奈良、坂本龍馬ゆかりの地、高知・長崎が人気。

あとはお財布と相談、ですね。
(榛村季溶子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト