ライオン、トラ、ネコタイプ…!?

6月11日に“2010サッカーW杯”開幕! 日本が戦うグループEをカンタン解説

2010.05.27 THU

6月11日に開幕する2010年サッカーW杯南アフリカ大会。我らがサムライブルーの目標“ベスト4”を達成するためにも、まずはグループリーグ突破から! でも…日本が所属するグループEのライバルはどんなチームなの? スポーツジャーナリストの中西哲生さんに解説してもらった。

「初戦のカメルーンは、FWのエトオら、身体能力が高く、攻撃力のある選手が多いチーム。一方でDF陣は、完全には世代交代が進んでいないこともあり、安定感を欠いています。カメルーンのニックネームは“不屈のライオン”。ライオンはやる時はやるけど、おなかが一杯になると昼寝(笑)。怖さはありますが、隙もある。まさにそんな感じかもしれません」

ということは、気を抜いたときを狙えばチャンスがあるかも? 続く2、3戦目のオランダ、デンマークの特徴は?

「オランダにはキャリアのピークにある選手が多く、今大会の優勝候補のひとつに挙げられます。得点能力が高く、攻撃も組み立てられるFWのロッベンとMFのスナイデルを中心とした多彩な攻撃が特徴。かといって守備が悪いわけでもなく、バランスがよい。例えていうならトラ。カメルーンのような隙がほとんどなく、キレ味も抜群です。デンマークは強い国に強いのが特徴。ヨーロッパの強国を相手に堅守速攻で勝ち上がってきました。自分からは手を出さず、相手が手を出してきたらそこを狙い撃ち。賢く、決して媚びないネコですね。注目選手はFWのベントナーだと思います」

ライオン、トラ、ネコ…なんて聞くとかわいい気もするけれど、3国とも日本より格上。でも勝機がないわけでもないとか(右参照 ※L25本誌では右に図が表示されています)。カメのようにテレビの前から動かずに観戦します!
(取材+文・佐藤ちほ/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト