一部だけにとどめる「減毛」も人気?

レーザー、光でツルツルに? 「オトコの脱毛」入門講座

2010.06.03 THU



イラスト:パパイヤ檸檬
脱毛は女性がするもの! というイメージが根強い。でも、最近は男性の脱毛を行うエステサロンが増えているし、自宅で使える男性用脱毛機も発売されている。男性の脱毛は、ヒゲや胸毛がメインだが、とくに毎日剃るヒゲは処理が面倒だし、“いっそ脱毛したい!”と思っている人も少なくないようだ。

「濃い人は1日に2~3回もヒゲを剃るといいます。脱毛すればその手間が省けますので、清潔感を重視する20代半ば~40代の営業マンの方がよく来られますね。ただすべて脱毛すると生やしたくなったときのことを考えて、一部だけを脱毛する“減毛”を選ぶ方も多いです」と語ってくれたのは、脱毛を専門的に行う渋谷高橋医院の高橋貴志院長。

自分で脱毛したい毛量や箇所を選べるのは嬉しい! でも実際問題、一度脱毛してしまえば永久に毛が生えなくなるものなの?

「そうですね。でも、脱毛や脱毛機の種類にもよりますが、レーザー脱毛・光脱毛の場合は10~15回の施術が必要になります。ヒゲは毛穴が密集しているので、光が反応しやすい。そのため、適度な出力で時間をかけて施術しないと、火傷などの皮膚トラブルを起こしやすいんですよ」(同)

1回の施術でOKなのかと思いきや、わりと時間がかかる模様。レーザー脱毛や光脱毛は、黒色(つまり毛の色)に反応して発熱する光を、肌を冷やしながら直接照射。毛を作る工場「幹細胞」にタンパク質変性を起こさせてゆで卵のように固め、発毛を停止するのだとか。黒い部分が多いヒゲは慎重に施術しても、皮膚に赤みが残り、痛みをともないやすいそうだ。

「ヒゲ脱毛はトラブルのリスクが高いので、自分で脱毛するのは避けた方がいいです。医院やサロンで行う場合も、東京都の安全基準をクリアした接触式冷却装置を完備した安全な機器を使っているところで施術することをお勧めします」(同)

カラダにかかわることなので、慎重に判断したいものだ。
(遠藤マイケル/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト