意外なメリット満載で人気急上昇中

“お見合い志願”女性急増でオトコが足りない!ってホント?

2010.06.17 THU



イラスト:マツモトカズトク
ここ数年、結婚したいと思っている人が増えているのか、婚活ブームが続いています。その流れで、昨今は人気のなかったお見合い結婚も注目を浴びているようです。お見合い塾を経営し、コメンテーターとしても活躍している山田由美子さんにお話を伺いました。

「もともとお見合い結婚希望者は男性が多くて女性が少なかったんです。でも婚活ブーム以降は女性の志願者が押し寄せて、今は逆に男性が不足している状態ですね」

では今、女性のお見合い志願者が増えている理由は何なんでしょうか?

「お見合いでは、同時に数人と会って比較検討することができます。また異性の仕事や家柄もキチンと分かります。そういう安心感は恋愛結婚よりも優れてますね。それにお互い結婚したいというのが大前提ですから、出会いから結婚までのスパンが2~3カ月と短いのも好まれる理由だと思います」

たまに「お見合い結婚の方が、恋愛結婚よりも離婚しない」なんて話を聞きますけど、それは本当なんでしょうか?

「恋愛結婚では結婚の瞬間が幸せボルテージ100%に近いことが多いんです。だからその後は冷めていきがちです。それでズルズルと離婚というケースも少なくありません。でもお見合いの場合、結婚の時は60%くらいで、結婚生活をおくるうちにどんどん情がわいてきますから、結果的に離婚率は恋愛結婚より低くなるということはあるかもしれません」

はじめの期待が高くない分、失望につながりにくいということですね。とはいえ、結婚事情に詳しい東京工業大学の橋爪大三郎教授の意見は少し違うようです。

「お見合い結婚が流行ったのは戦前から戦後にかけてです。そのころは、離婚したくてもできない時代でした。でも現在ではガラリと意識が変わりました。離婚が恥ではない時代、お見合い結婚だろうと恋愛結婚だろうと離婚する時はすると思いますよ」

やっぱ、幸せな結婚生活は本人の努力次第なんでしょうか。
(村田らむ/清談社)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト