思わず欲しくなる!

ポテチを食べるためだけにここまでやるの!?

2010.06.23 WED


全長は18cm。左から「しおカラー」「のりしおカラー」「コンソメカラー」。色の呼び名にもこだわってます。衛生面にも配慮し、丸洗いができるようになっている
キーボードがベタベタ…。理由はわかっている。残業時に小腹が減って食べるポテチだ! どうにかならないかと思っていたところ、画期的?な商品を見つけた。

タカラトミーから発売された「ポテチの手」は、その名の通り、ポテチをつまむことに特化したグッズだ。柄の部分にある「指可動スイッチ」を押すと、人差し指と親指を模した「フィンガーパーツ」がポテトチップスをつまんでくれる。

それだけ?といいたくなるが、タカラトミーの調査によると、20~30代の若者の2割は、箸を使ってポテチを食べているのだとか。そんな彼らに受け入れられるように「ポテチの手」にはこだわりの機能が複数搭載されている。

一つは「NBSC」(No Broken Clutch System)。なんかカッコいい。日本語では「対象物破壊防止クラッチ機構」。要は、割れやすいポテチを適度な強さでつまめるといったものだが、この微妙な力加減を出せるのは凄いかも。

そして、「FECS」(Finger Easy Cleaning System)。これは「擬似指先クリーニング機構」と呼ばれ、指をこすり合わせて塩など落とす動作を再現している。んー、芸が細かい。

最後は「NTTS」(No Touch Table System)。指先机上非接触機構だ。はい、要はポテチを挟む指先が机にくっつかずに衛生的という話。

ただポテチを食べるだけなのに、「NBSC」「FECS」「FECS」とか仰々しい名称をつけてしまうとこも個人的にはツボにはまる。

パソコンだけじゃなく、本を読んだりビデオを観たり、ゲームをしているときにも活躍してくれそうな「ポテチの手」。話のネタにもなりそうだし、お菓子を食べるのが楽しくなりそう。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト