財布にもカラダにもやさしい“自炊”をアシスト!

ものぐさ厨房アイテム

2010.06.28 MON


フライパンの中に仕切りがあるので、一口コンロでも一度に3つの料理ができる。特殊フッ素樹脂塗装4層コーティングで、耐久性が高く焦げやキズがつきにくい。また、汚れを落としやすいので手入れも簡単。 「カロリースリム・マーブル3食パン」 (和平フレイズ/2980円) 直径:26cm IH対応 ガラス蓋付き
モテる男子を目指すなら
厨房に入るべし!?

節約のために自炊したいが、一人暮らしだと材料が余って結局出費が増えそう。

「最近はスーパーやコンビニでも個食に対応した量で材料を売っています」と教えてくれたのは料理研究家の五十嵐豪さん。でも、毎日続ける自信がないです。

「1日20分を目安に、毎日のスケジュールに組み込んでみてはどうでしょう」

20分で料理!? 簡単にできる料理法やコツがあるんですか?

「手間を減らすなら、パスタやカレーなどソースをかける料理が洗い物も少なくてオススメ。ほかにも、コンビニ食材などを使えば、ラクに料理ができます。例えば、粉末のポタージュスープは、カルボナーラソースにも応用できますね」

自炊ならば量を調整できてドカ食いもないし、意識的に野菜をとったり、油を減らしたりと、健康にもいいという。

「もう一つ。料理ができる男性はモテるんですよ(笑)。作ったら写真を撮ってアピールしましょう。ブログにアップしてもいいし、合コンでの話題づくりでもいい。誰かに喜んでもらったり、反応があれば料理が楽しくなります」

節約できてヘルシー、しかもモテる。「男子厨房に入らず」なんて言ってる場合じゃありませんよ。

五十嵐 豪=監修
supervisor GO IGARASHI

コージー林田=取材・文
text COZY HAYASHIDA


  • 挟んでスイッチを入れるだけ3種類のメニューが楽しめる

    3種類のプレートを利用して、ホットサンド、ワッフル、焼きおにぎりを10分以内で簡単に作ることができる。フッ素コーティングで手入れもしやすい。縦置きが可能で収納に場所を取らないのも便利。

    「Edel ホットサンドトリオ」
    (マクロス/4980円)
    外形寸法:(約)W235×D240×H105mm、重量:2100g(プレート1セット含む)
  • まるでカップラーメン!? お湯を注ぐだけで茹であがる

    魔法瓶で有名なメーカーのパスタクッカー。保温力を生かしてパスタを茹であげるアイデア商品だ。使い方は本体にパスタを入れて、沸騰したお湯と塩を入れるだけ。通常の茹で時間プラス3分でできあがる。

    「真空断熱パスタクッカー」
    (サーモス/オープン価格)
    容量:パスタ(乾麺)200g
  • 材料と調味料を入れるだけレンジでチンすれば完成

    -30℃~260℃まで、幅広い耐熱温度を誇るプラチナシリコンの特性を生かして、電子レンジで調理する蒸し料理器。素材と調味料を入れてチンするだけの簡単さがウケて大ヒット。ルクエのHPにはレシピ紹介も。

    「スチームケース(R) ライス」
    (ルクエ/5775円)
    サイズ:(約)L260×W135×H65mm
  • 後片付けが驚くほどラク レンジで肉を焼き上げる

    電子レンジのマイクロ波で遠赤外線を発生させ、油を使わず魚や卵、肉などを5分程度で焼き上げる。ラップも必要なく食器としても使えるので手間も省ける。5つのサイズが選べるので料理によって使い分け可能。

    「有田焼 ふしぎなお皿 小判型焼皿」
    (小森谷 嘉右衛門窯/3675円)
    サイズ:(約)W210xD160xH350mm
  • 約40秒で調理スタート 複数メニューを同時に調理

    電気を使用する保温機能が付いた蒸し器。スイッチを入れてから、わずか40秒程度で蒸気が出始め、すぐに調理ができる。2段構造で食材を分けて入れられるので、複数のメニューを同時に調理できる。

    「スチームクッカー シンプリースマート」
    (ティファール/1万8375円)
    サイズ:W325×D235×H325mm、本体重量:2165g
  • 鍋もコンロも必要なし ボタン1つで本格スープ

    食材、水、固形コンソメなどでスープが作れるポット。食材を自動で粉砕し煮込んでくれるので、手軽に本格的なスープを味わえる。スープ以外に豆乳モード、粉砕モードが付いており、粉末ふりかけなどを作ることができる。

    「豆乳&スープメーカー」
    (アビックスインターナショナル/1万1490円)
    サイズ:(約)W160×D230×H275mm、本体重量:1800g

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト