どうせなら上手な昼寝テクを知りたい!

若手サラリーマンの4割は“会社でお昼寝”習慣アリ!

2010.07.01 THU



撮影/熊林組
眠いので、こっそりトイレで昼寝してたら爆睡。周りから「トイレで寝るなんて…」「会社で昼寝?」などとさんざん突っ込まれたが、トイレはともかく、皆昼寝くらいはしますよね? 気になったので、R25世代にアンケートを実施。結果、ほぼ毎日している人が約16%、2~3日に一度が12%、週1回の人が7%という結果に。やっぱり、約4割の人が習慣的に会社で昼寝をしてるじゃないか!

ちなみに、昼寝をする場所で最も多かったのは、自分のデスク。最近では、デスクでの昼寝用枕などが発売されているのも関係あるのかも。以下、休憩室や仮眠室、営業車などが続く。そして、第5位にトイレ。やっぱりいるんだね。中には、イスを並べてベッドにしたり、段ボールを布団代わりにして床で寝るという強者も。面白い意見では、午後イチにアポを入れて、移動中の電車で寝るとか、クイックマッサージで寝るというものも。マッサージを受けると眠くなるし、終わったら必ず起こしてもらえて、寝過ごす心配がないからだとか。皆それぞれ昼寝テクを持っているようだが、ほかにもいい昼寝のコツはないのか、睡眠のプロに聞いた。

「人は体内時計のリズムの関係上、14時ごろに最も眠気を感じるので、12~15時の間に20分未満の昼寝をすると、眠気が取れて午後の作業効率が上がります。ただし、20分以上は眠りが深くなり、スッキリと起きられず作業効率は下がってしまう。あと、15時以降に寝ると、夜の寝付きが悪くなるので注意が必要です」(快眠プロデューサー・岩田有史氏)

上手な昼寝は仕事にもプラスなのか。では、いいお昼寝の方法を教えてください。

「昼寝の30分くらい前にコーヒーなどでカフェインをとっておけば、その覚醒作用でスッキリと起きられますよ。あとは、熟睡しにくい体勢で寝ること。デスクに枕を置き、うつぶせになるくらいがいいでしょう」

節度と方法さえ守れば仕事の効率もアップするという昼寝。原稿も進まないし、とりあえず僕も…ZZZ。
(コージー林田)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト