暑い夏にはHOTなフードが外せない

「カレーいかまんま」が話題に! “変わり種カレーフード”試してみない?

2010.07.22 THU

夏になるとスパイシーなカレー味が無性に食べたくなります…。普通のカレーライスもいいけど、たまには冒険してみない? そこで調べてみると、ピンク色のさくらんぼカレーやカレージェラートなどあるある! 特に注目なのが、最近ひそかに話題になっているイカめしと金沢カレーを組み合わせた「金沢カレー いかまんま」。同商品を開発した錢福屋の西竹康生社長によると、「おやつ用に残ったカレーをイカに詰めて炊いてみたら、思いのほか好評だったことがきっかけで商品化しました。とくに大きな宣伝もなく、地元石川県で販売を始めたところ、4月の発売から1カ月で1000個を売り上げました」とのこと。現在ではその人気は全国規模になっています。食べてみると、醤油の甘みとカレーのスパイシーな感じが意外にもハマっておいしい! そもそもカレー味の商品がたくさん出るのはなぜ?
「カレーは日本人が子供のころから親しんでいる味で、カレー味というとほぼ同じものをイメージします。カレー粉というのは30種類のスパイスの集合体。実はスパイスでは味はつかないので、いわゆる“カレー味”と思っているものは香りなのです。そのため、味があるものならばほぼすべてのものとカレー粉は相性がいいので、ベースがどんなものでもコラボが成立しやすいのです。その組み合わせの可能性は無限なので、まだまだ増えてもおかしくないですね」(カレーに関する著作が多数ある、東京カリ~番長の水野仁輔さん)
カレー味って思っている以上にオールマイティなのですね! 変わった組み合わせを試してみるのも楽しそう。今年注目の“変わり種カレーフード”はほかにもあるので(写真参照※L25本誌では写真が表示されています。)、味わってみて!
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト