「ピーチク」「ツイテレ」など…

TVを観ながらつぶやく “仮想お茶の間”サービスとは?

2010.08.26 THU

ツイッターがかなり定着してきたこのごろ、新しいサービスが続々登場し、楽しみ方も多様に。なかでもL25世代におすすめなのが、TVを観ながらリアルタイムでつぶやけるいわゆる“仮想お茶の間”サービスのサイト。「“#NHK”といったハッシュタグをもとに同じ番組を観ている人が一覧でき、お茶の間で一緒にTVを観ているような感覚になれます。つぶやく内容は『おいしそう!』など、番組の感想で大丈夫! ピーチクから投稿すると、ハッシュタグが自動で付きます」とは、ピーチクを制作したアライドアーキテクツの松倉蛍太郎さん。ツイッター初心者でも大丈夫? 「つぶやきが面白い人や、自分と似た感性の人をフォローしていけば、ツイッターの輪が自然と広がるので初心者向きです!」(同)。早速試してみると、お笑い番組ではツッコミの嵐!いつも観ているTVが何倍も楽しくなりそう。
(取材+文・栃尾江美/アバンギャルド)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト