今度結婚します。でも貯金が全然ない!

結婚にリアルにかかるお金とは

2010.08.26 THU


一世一代の晴れ舞台である“結婚”。会場は高級ホテル、披露宴でのお色直しは2回、ハネムーンはヨーロッパ周遊…と夢見るのは勝手ですが、その結婚にいくらかかるか想像できる!? 『ゼクシィ』ライターで、ウエディングジャーナリストの粂 美奈子さん、最近の傾向と費用の相場を教えてください。

「リゾートやレストランウエディングも人気ですが、やはり主流はホテルや結婚式場での挙式・披露宴です。上を見ればキリがありませんが、『ゼクシィ結婚トレンド調査2009』によれば、挙式・披露宴費用の首都圏平均は346万円。ホテルに60~70人を招待し、一人当たり5万円程度のもてなしをする計算になります。でも親類や友人から3万~5万円ずつもらえると想定すれば、ご祝儀の総額は200万円ぐらい。だから、実質の費用は150万円ぐらいじゃないでしょうか」

一生に一度のこと(たぶん)だから、パーッとやりたいですもんねえ。

「そうなんです、『せっかくだから』の積み重ねで、どんどん金額が高くなっちゃう(笑)。さらに新婚旅行やその後の新生活のこともあるので、プラス総額150万円ぐらいはかかると考えた方がいいですよ。ちなみに、結婚式を安く済ませる方法もあります。オフシーズン(夏・冬)や仏滅を狙えば安くなりますし、最近では都心で平日3万~5万円で挙式ができる格安結婚式場もあります(挙式のみ)。それぞれのこだわりと工夫次第ですね」

パーッと大盤振る舞いするか、シンプルに済ませるか。あとはお二人の貯金通帳&両親のお財布とご相談を…。
(取材+文/衣山泉)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト