商品バリエも増えたしょうがに注目!

悩める“冷え”よ、サヨウナラ!? この秋、「しょうがラー」になってみる?

2010.09.22 WED

女性の慢性的な悩みの一つの「冷え性」。そんな悩みのお助けアイテムとしてしょうがを使った商品が人気みたい。しょうがってどうして冷えにいいの? しょうがに関する書籍の執筆も行っているイシハラクリニックの石原新菜先生に伺いました。

「国内でしょうがが冷えによい食べ物として広く知られるようになったのは15年ほど前からです。しかし漢方薬の世界では長い歴史があり、その7割に使われるなど欠かせないもの。しょうがの効能としては、体温を上げたり、免疫力を上げるなど、様々なものがあるといわれています。しょうがを使いやすく加工したパウダーやチューブ入りのものもあります。なるべく温かい状態で摂取した方が体を冷やさないのでいいですね」

冷えって寒い場所に長時間いたりで血行が悪くなるのが原因だとは知っていますが、どうしてなっちゃうのですか?

「50年前には人間の平均体温は36度台後半だったのが、35度台まで1度も下がっています。これは冷房が効きすぎな環境に長くいることや、運動不足も原因ですね。動く機会が減ると代謝をうながす筋肉量自体が減ってしまい、体温が上がりにくくなります。さらに女性は男性に比べて基本的な筋肉量が少ないので、より冷えやすいのです」

なるほど! 同じオフィスでも男性の方が冷房を強くしがちなのは、筋肉量のせいでもあったのですね…。

「水分をたくさん摂ることや減塩は健康に良いと思われがちですが、やりすぎは冷えやすい体を作ってしまうことも。しょうがはたくさん摂取しても問題ないので、食べる人が増えているようですね」

まずは手軽に摂れるしょうがアイテムで“しょうがラー”デビューしてみよう。
(取材+文・北本祐子)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト