おごり・おごられの本音はコレだ!

上司とのサシ飲み、3人に1人は「全額おごってほしい」

2010.09.27 MON



イラスト/つるけんたろう※首都圏在住の25~34歳の会社員500人(未婚者)を対象にインターネ…
一日の仕事も終わり、「さ~て、帰ろう」と一息ついたそんなとき、直属の上司から「おい、ちょっと飲みに行くぞ」と誘いを受けたなら……。ここがサラリーマンの悲しい性なのか、よほどの予定がない限り、いかに早く家に帰りたくとも上司の誘いは断りづらい。

さて、そこで気になるのがお会計。はたして自分も少しは払うべきなのか、それとも上司に全額任せてしまっていいものなのか……。そこでR25世代の独身サラリーマン500人にアンケートをとってみたところ、上司の誘いによるサシ飲みの場合、「全額おごってほしい」と思う32.2%も含め、上司に4分の3以上出してほしいと思う人が7割を超える。一方「ワリカンでもOK」と思う人はわずか23.2%。部下からすれば「長い愚痴や説教に会社以外で付き合ってやったんだから当たり前だろ!」と言いたいところだろう。ただ、上司世代からしてみると、「部下を誘う以上おごらないと…」という財布に厳しい結果となった。

一方、R25世代サラリーマンが後輩を連れて飲みに行った場合についても同様に調査してみると、飲み代が1万円の場合、相手が「男の後輩」だと「全額おごる」人は23.8%。ところが、相手が「女の後輩」になると50.4%の人が「全額おごる」と回答。まぁ、なんと下心ミエミエなのでしょうか! やはりかわいい女の後輩には「先輩としていいところを見せてやるぜ!」という男の見栄っぱり根性と、「おごってやったら、もしかしたら今夜このコとなんとかなるかも? ウヒヒ」という下心が垣間見える結果となった。
(ケロジャパン)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト