女子はやっぱりコレが大好き!

下心アピールの王道は「ホメる」「おごる」「やさしくする」

2010.09.27 MON



写真提供/getty images※首都圏在住の25~34歳の会社員500人(未婚者)を対象にインターネッ…
女心と秋の空。秋の空のように、うつろいやすいのが女心と言われます。そんな女心をつかむには、どうしたらいいんでしょうか?

R25世代の独身サラリーマン500人に「気になる女性にやってしまいがちな行動」を聞いたところ、1位「重いものを持ってあげる」82.2%、2位「プライベートな話をする」67.8%、3位「他の女性より優しくする」61.4%、4位「お菓子やおみやげの差し入れ」55.4%、5位「仕事の能力をホメる」52.6%と、非常にわかりやすい行動に出ているようです。

一方、それに対する女子の評価を同世代の独身女性300人に聞いたところ、「重いものをもってあげる」は99.0%が「評価アップにつながる」と回答するなど、確かに女子ウケ度No1。やはり男子たるもの、女子より筋肉はあってほしいという女心の表れでしょうか。女子ウケ度2位以下には「お菓子やおみやげの差し入れ」(97.3%)、「仕事の能力をホメる」(96%)、「ランチをおごる」(84.7%)、「髪型や服装をホメる」(76.0%)と続き、男性が認識している以上に、女性は「ホメられる」ことや「プレゼントをもらうこと」「オゴってもらうこと」に対する評価が高い模様。プライベートな話をするよりも、ランチをオゴって!ということでしょうか…。

切なくなりそうですが、逆に女子ウケ度の低い「やりがちアピール」のワースト5は、1位「カッコつけて横文字を使う」(95.3%)、2位「忙しさや睡眠不足のアピール」(91.7%)、3位「トレンドに詳しいアピール」(80.7%)、4位「社内メールの文体をフランクにする」(73.7%)、5位「仕事に対する情熱を背伸びして語る」(71.7%)。

「オレ、忙しくて寝てなくてさぁ」というオレオレアピールや、社内メールがやたらフランクだったりすると、女子は引いていってしまう様子。勘違いアピールは逆効果になるだけなので、要注意ですね。
(ケロジャパン)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト