”夜のホッと時間”のつくり方

夜ジカン充実マニュアル/第5回 一日の疲れは“くつろぎジカン”で癒せ

2010.11.15 MON

”夜のホッと時間”のつくり方

ネットサーフでリラックス。くつろぎジカンはテレビよりPC!



会社からの帰宅途中、「帰ってから何しようかな?」なんて考えている時間って、ちょっぴり幸せですよね。
ストレスフルな毎日を送るR25世代には、集中力のスイッチをオフにして、リラックスする時間も欠かせません。

ボクの場合は家に帰って掃除をして、洗濯をして、ご飯を作ってお風呂に入って…、あれ? あんまりくつろぎジカンが取れていないかも。
ボクと同世代のみなさんは、くつろぎジカンを取れているのかな? 

というわけで、1都3県に住む25~34歳の働く独身男性100人に、平日の夜のくつろぎジカンについて調査してみました。

まず「平日の夜のくつろぎタイムはどうしていますか?」と、6つの選択肢から聞いてみたところ(複数回答可)、読書(34%)、音楽鑑賞(32%)、DVD観賞(29.0%)、運動(24%)を抑えて、「ネット&メールなどのPCタイム」という回答が88%と圧倒的1位を獲得! 
これまでリラックス術の定番だった「テレビ観賞(64%)」を上回る結果となりました。
今ドキの約9割のR25世代がリラックスできるのは、自宅でゆったりとネットサーフィンを楽しんでいるときなんですねぇ。
イラスト/室木おすし 「また今度」と、ほったらかしにしていたらこの有様。これではせっかくの「くつろぎジカン」も台無し。自慢の最新家電もホコリだらけでは、ありがたみも半減です。ゆったりと夜ジカンを満喫したいのなら、まずは部屋の掃除からはじめましょう。
それでは、PCをいじりながら、いざリラックスタイム! 疲れを癒やして明日に備えますか…っと、その前に。モニタをよく見てみると、結構汚れていませんか? 毎日触れているキーボードにも、細かいホコリが付着していますけど、もしかして見て見ぬふり、してきたんじゃないですか?
食事もネットサーフィンも同じ机ですることの多い独り暮らし。キーボードの隙間に食べカスが挟まっている、なんて状態では、気分よくくつろげないですよね。
それに、部屋全体を見回してみても、ボクの部屋みたいに散らかっているんじゃないですか?
部屋をキレイにできれば、もっと心置きなくリラックスタイムを過ごせるハズなんですが…。

部屋がホコリっぽいのは、静電気が原因!



部屋でゆったり過ごすために、まずはリラックススペースをキレイにしましょう。というわけで、掃除のスペシャリストでお片づけのコーチでもある芳賀裕子さんに、簡単で素早く部屋をキレイにするコツを聞いてみました!
いわゆる“白手”。これさえあれば、照明器具などの繊細なものや、本棚の細かいディスプレイなどもサッと掃除できる。汚れた手袋は靴下などの汚れものと一緒に洗濯機へポイ。10枚組などで安価で手に入るので、お財布にもうれしい!
「まずはPCやテレビ、ゲーム機などにまとわりつくホコリは、実は静電気が原因なんです。空気中に舞っている小さなホコリは、家電の静電気に引き寄せられてしまいます。だからテレビ台やPCテーブルの周り、電源タップの裏などはホコリっぽいんですね。そこで活躍するのは、運転手さんなどがしている白い手袋、“白手”です。軍手でもいいんですが、薄手で目が細かく、感触が手に伝わりやすい白手のほうが、繊細なアイテムを掃除するのに便利なんですよ。電球や本棚に並んだ本の上をなでるだけで、ふき掃除のようにホコリを取ることができます。汚れたら洗濯機で洗えばいいので、とってもスグレモノなんです!」

確かに、これならサッと掃除できますね! ちなみに、トイレの壁もすぐホコリっぽくなるんですが、原因は何なのでしょうか? 

「トイレのホコリの主は、トイレットペーパーが擦れることで発生する紙クズです。加えてドアの開閉で紙クズが部屋にも侵入してくるので、ほかの繊維クズと一緒になって部屋を汚す原因にもなるんですね。だから、トイレは毎日掃除機をかけてもいいくらいなんです」

トイレだけではありません! 部屋の壁際にはホコリがたまっていたりしていませんか!? フローリングはザラザラしていないでしょうか!? 実は床のザラつきも静電気ではりついた汚れのせい。掃除機で取り除けなかったりするんです。
「ふき掃除はハードルが高いかもしれませんが、ふき掃除ができる掃除機(※1)を使えば、よりキレイに、サッと済ませることができますよ」

ふき掃除ができる掃除機!? 最近の掃除機の進化は著しいなぁ…、なんて口にしながらさっそく調べてみたところ、なんと、パナソニックの生活家電「NIGHT COLOR シリーズ」に、ふき掃除機能搭載の、フローリングがふき掃除(※1)をしたようにサラサラになる掃除機を発見! 夜の掃除にも向いているという電気掃除機「MC-SA10-CK」について、パナソニック アプライアンス・ウェルネスマーケティング本部にリサーチしました!

「『SA10W』は、ノズルからマイナスイオンを発生させ、フローリングをまるでふいたようにすべすべに仕上げます。その効果は、なんと菌までふき掃除(※2)してしまうほどなんです。それに、強力パワーはうれしいけれど、ずっと最大出力ではフローリングの多いシングルのおうちでは騒音も気になるし、電気代もムダでは? 『ゴミ発見センサー』を搭載している『SA10W』なら、汚れの多いところはパワフル、少ないところは省エネというように、効率よく掃除機がけができます。しかも、清潔になったことがしっかり見えて安心! 掃除する時間は限られるけれど、いつでも清潔な空間で気持ちよく暮らしたい。そんな方々に喜んでもらえるように開発しました」(同本部・福田さん)

なるほど納得。これなら帰宅してからのちょっとした掃除でも活躍してくれそう!優秀な掃除機さえあれば、夜のくつろぎジカンがぐっと充実しそうですよ!

※1…ふき掃除は、水ぶきする機能ではありません。またこぼした液体などが乾燥して付着した汚れは取れません。

※2…菌までふき掃除効果は、床面の状態により異なります。またフローリングの段差や溝に入り込んだ菌は取れない場合もあります。99%以上の除去効果はふき掃除直後のものであり、長時間の効果を保証するものではありません。長期間の使用によるブラシの劣化等で、99%以上の除去効果は減少します。
●第三者機関の実験で実証しました【試験依頼先】(財)日本食品分析センター【試験方法】菌を塗布した木材(フロア材:パナソニック電工製オーマイティフロアE〔溝なし〕)の上を床ノズルで1往復掃除【試験結果】99%以上(当社計算値)の除去効果試験成績書発行年月日:平成22年2月2日 試験成績書発行番号:第10001357001-01号 部屋をキレイにしておけば、急な友人からの誘いにも“宅飲み“で対応可能。「あいつの部屋って快適だよな」なんて噂が憧れのあの子の耳に入れば…、まさかの“キレイな部屋には女子来たる!”なんてことも!? さ、掃除掃除!

夜ジカン充実マニュアルの記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト