ワイン・ブランデー・焼酎・ビール…

ボジョレー解禁! というわけでいろんなお酒の“ヌーボー”を調べてきた!

2010.11.18 THU


オクトーバーフェストでビールを楽しむ人々。毎年600万人以上が訪れ、約600万リットルのビールが飲まれるというから驚き!
今年もいよいよボジョレー・ヌーボーの季節が到来! ボジョレー・ヌーボーとは、その年にフランスのボジョレー地方で採れたブドウで造られるワインの新酒のこと。解禁日となる11月第3木曜日を、世界各地で愛好家が待ちわびている。そこでふと思いついた。世にあるお酒の種類の数だけヌーボー(新酒)にあたるものがあるのでは? ワインスクールの講師を務めるソムリエで、お酒全般にも詳しい大越基裕氏に聞いてみた。

「いろいろとおいしいものがありますよ。直近に採れた原料から造り、まだ熟成が進んでいない状態で提供されるものをヌーボーと捉えて例を挙げますと、ブランデーでは『ブランシュ・アルマニャック』が有名。出来立ての原酒を樽で熟成させずにタンクで3カ月間落ち着かせた状態のものですね。芋焼酎でも新酒はおススメ。秋に採れたばかりのさつま芋の旨みが多く含まれ、若く華やいだ香りや甘さが強いのが特徴です。11月ごろに解禁になるものが多いようですよ」

ブランデー、焼酎のヌーボーとは意外。さらに聞くと、ボジョレーのほかにもワインのヌーボーは魅力的だという。

「個人的にはタケダワイナリーが発売している山形県産デラウェア種100%の『サンスフル』がおススメ。デラウェアの良質な部分だけを使用した自然派の微発泡ワインです。やさしい飲み心地で、フレッシュな香りを堪能できますよ。変わったところでは、オーストリアなどで楽しまれている『シュトゥルム』という、ワインになる前の発酵途中の酒。濁りがあって発泡しており、甘くて飲みやすいのが特徴です」

そしてビールのおススメも紹介してくれた。

「毎年ドイツで9月から10月にかけて開催される『オクトーバーフェスト』という盛大な祭りがあります。ドイツの主要な6つの醸造所がこの祭り用に特別に仕込んだビールが、そこで解禁されます。ビールのヌーボーともいえる、アルコール度数が高く、ホップの味わいが濃厚な一杯。今の時期に日本でも手に入れることができるので、ぜひ味わってみてください」

探してみるといろいろ見つかったお酒のヌーボー。お酒の原稿を書いていたら、ヌーボーを飲みたくなっちゃった。仕事が終わったら酒屋さんで物色してみよっと♪
(伊藤 裕/GRINGO&Co.)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト