あこがれのアノ値段ハウマッチ!

第5回 オーケストラ貸し切り、可能なの?

2010.12.20 MON

あこがれのアノ値段ハウマッチ!


演奏の前には、事前に集まって音合わせと曲の練習を行う。普通は、演奏してもらいたい曲をメニューから選ぶが、ポップスなど思い出の曲などを演奏してもらいたいときには、アレンジ代として1曲1万円程度かかる

自分だけのためにオーケストラ演奏、いかほど!?



クリスマスの予定、決まってますか? 個人的には今年も仕事だけれど、イブの日に彼女と一緒にクラシックコンサートなんて憧れますな~。どうせ憧れなんで、もう少し妄想を膨らませてみて…。ホールには二人きり、自分たちだけのためのコンサートに彼女もうっとり。
妄想かと思いきや、プロの演奏家の出張生演奏を行っている表参道音楽事務所の櫻木正章さんによると「不可能ではありませんよ」とのこと。

「曲の難易度や演奏者のクラスにもよりますが、70人のフルオーケストラで5~6曲(1~2時間弱)を演奏したとして、目安は400万円程度ですね。ただしこれは、人件費と楽器代のみ。これに楽譜代やステージのセッティングが必要ならその金額もかかってきます」

ん?、400万円の金額は別にして、そもそもホールが準備できないし、70人は家に入りきらないな。残念。

「弊社では依頼があれば、ホール選定から演奏者手配、広告・宣伝などを含めたコンサート開催の受託も行っています。名のある音楽ホールなら100万~200万円程度の利用料がかかりますが、23区内の公営施設の大ホールだと30万円程度で借りられますよ」 2人きりのコンサートなら広告宣伝費はいらないし、ホールを借りられれば特別なステージセッティングなども必要ない。かかる金額はフルオーケストラ+楽譜代+ホール代。450万~500万円あればどうにかなりそうだ。って、やっぱり高いでしょう。

「フルオーケストラではなく10人程度の弦楽合奏なら、45万円程度でも可能ですよ。結婚式で呼ばれる方が多いですね。もう少し小規模ならば、バイオリン×2、ビオラ、チェロの弦楽四重奏がスタンダード。目安は20万円程度です」

それでも“高い”と思ったあなた。心配ご無用。例えば、バイオリン1人からでも出張演奏は可能で、この場合の金額は5万円以内。バースデーパーティーやサプライズ演出として、レストランの個室などで思い出の曲を奏でてもらう人も多いとのこと。

「趣味で楽器を演奏される方は、プロとの共演を希望される方もいますよ」と櫻木さん。ちなみに、利用者には、20~30代の若い人が目立つとか。イベントにサプライズをと考えているあなた。心に残るプレゼントになること間違いなしですよ。 気になるあの値段について、知りたいこと、気になることがありましたら、右下の投稿ボタンから投稿して下さい

あこがれのアノ値段ハウマッチ! の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト