今冬から参入店が増加中!

元祖のスープ炊き、つけダレ型… この冬、“餃子鍋”にハマってみる?

2010.12.22 WED

毎冬ごとにトレンド鍋が登場しますが、いま急激に広まっているのは、あの餃子を具にした餃子鍋。もともと博多のお店がルーツで、その系列店の「博多ぬくぬく家」渋谷店店長・牛島啓太さんによると「博多の一口餃子をオーナーの知人がインスタントラーメンに入れていたことがきっかけで誕生しました。10時間以上煮込んだまるでとんこつのように白く濁った濃厚な鶏白湯スープで煮込む博多の水炊き餃子鍋は、鶏肉から出るコラーゲンもたっぷりだと美容に敏感な女性のお客様が増えています」とのことでした。餃子鍋はこちらの店舗のようにスープと味わうものもあれば、新しく参入した店舗ではラー油やポン酢などのつけダレで出されるなど、そのスタイルは様々。食べ比べてみてお気に入りを探したり、自宅でチャレンジしてもいいかも。まずは基本の水炊き餃子鍋から攻めてみては?
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト