NYから上陸した新ファストフード

ベトナム風サンドウィッチ?「バインミー」が美味!

2011.02.07 MON


ベトナムでは屋台をはじめ街の至るところで食べられる。アメリカでは厚揚げ豆腐の照り焼き入りバインミーなども人気らしい
フォーや生春巻きにパパイヤのサラダ…。ヘルシーで美味しいベトナム料理は、日本でもおなじみ。そんなところに、ちょっとユニークなサンドイッチ「バインミー」が流行の兆しを見せているらしいのです。

「パンは、ベトナムがかつてフランス領だった影響で、フランスパンが基本。それに大根やニンジンのなます、パクチーの基本具材にレバーペーストや肉団子、豆腐、エビやアボカドなど様々なトッピングを加えて食べるんです。ベトナムでは朝食には必ずといっていいほど食べる、いわば日本のご飯と味噌汁のような存在なんですよ」

と教えてくれたのは、昨年、原宿にオープンしたバインミー専門店Pacific Sandwich Placeの店長・渡辺青矢さん。

現地ベトナムではもちろんのこと、ベトナム戦争の難民としてアメリカ西海岸やオーストラリア、ハワイなどに移住した人々が各地に広め、人気化。それがここ3~4年で専門店が続々とニューヨークに進出。各メディアがこぞって取り上げ、一気に時のファストフード的存在に。そんなバインミーがいよいよ本格的に日本に上陸したというわけです。

「私もはじめて、フランスパンに大根やニンジンのなますを挟んで食べると聞いたときは、味の想像すらできませんでした。でも食べたらこれが日本人にも合うし、クセになる味なんですよ」(同)

同店のほか、高田馬場にも専門店がオープン。各地のベトナム料理店でもメニュー化するところが増えているなど、日本でのブームも目前という感じです。ちょっと小腹が空いたときにでも、まずは一度試してみてはいかが?
(静浩太/サグレス)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト