コスパ上々の社交センス術

第6回 信頼されるオトコになりたい!

2011.02.28 MON

コスパ上々の社交センス術

現代のカリスマは、“リーダーシップ”より“共感力”がカギ?



バリバリ仕事をこなしつつ、周囲をグイグイ引っ張っていくような迫力あるリーダータイプではないのに、同僚や後輩からよく相談を受けている姿を見かける…あなたのオフィスにも、そんな人っていませんか? 強烈なカリスマ性を持っているようには見えないのに、他人から頼りにされる人ってどんな人なんでしょう?

「たとえば戦国時代のように、世の中や人々の価値観が激動し続ける時代であれば、“おれについて来い!”と、周囲を率先して引っ張るタイプの人物が頼られる傾向はあります。ただ、現代のように変化の少ない安定した時代には、単に強力なリーダーシップを示すだけでは、相手に対して大きな魅力にはなりにくいんです」

そう語ってくれたのは、精神科医の名越康文さん。名越さんいわく、人々の価値観に大きな変化や違いが生まれにくい現代では、個人の能力に大きな差がつきにくいのだそう。そんななかで人からの尊敬を得るためには、リーダーシップでなく、むしろそれ以外のプラスαの能力で差別化を図ることが重要なのだとか。
人に頼りたいと思っている人は、不安や低い自己評価に陥っている状態。単に手助けをするだけではなく、ネガティブの根本を断ち切り、気持ちが前向きになるようフォローをしてあげることが重要なのだとか
「特に大切なのは“共感力”。自分に従わせるのではなく、相手の立場に立って物事を考え、フォローする能力です。ただし、単に相手に知識や技術を与えて助けるだけでは “依存関係”しか生まれません。重要なのは、結果的に相手の成長を促してあげられるよう、状況をきちんと汲み取った対応をすることです」

相手の気持ち汲み取って、かつ相手の成長を考えた振る舞いで接する…うーん、なんだかたいへんそう。頼られるオトコになるまでの道はまだまだ険しいかも…。

「まずは、相手の状況によって適切な立ち居振る舞いができるよう、日々意識しておくといいでしょう。たとえば、人と食事をする際、自分好みの行きつけに連れていくばかりではなく、相手の好みやそのときのテンション、状況によったお店選びを心がけ、実行できるようになれば、それは自分の大きな武器になるはずですよ」

“共感力”を磨くための店選び実践!



精神科医の名越康文さんによると、他人に頼られる人物の要素には、相手の立場で物事を考え、フォローできるチカラ、“共感力”があるとのこと。この能力の鍛錬には、日々、相手の状況に合わせた適切な振る舞いを心がけることが重要なのだとか。たとえば、食事のお店選び。

「静かで洗練された印象のカフェなどクオリティを大切にする空間は、時間をさかのぼって物事を整理する振り返り作業向き。企画・アイデアを練る打ち合わせなどに適しており、逆に居酒屋などガツガツと食べられる場所は、前向きな気分になりたいとき、未来の夢を語りたいとき向きなので、プロジェクトのキックオフなどにいいでしょう。このように、相手や状況に配慮しながらお店選びをしてみるのも、“共感力”磨きのいい訓練になりますよ」
こちら「LCAFE(エルカフェ)渋谷店」は、3/中旬に同ビルの8Fレストラン街に移転。装いも新たに「スペイン坂農園」(Produce by LCAFE)となり、女性のための野菜のビュフェレストンになるそう
そういえば、これまでは相手や状況を問わず、もっぱら居酒屋が多かった僕ですが…今後は、もう少し、気をつかったお店選びを心がけたいと思います! ということで、まずはレパートリーを広げるべく、これまではあまりなじみの薄かったお店にも積極的にチャレンジ! さっそく、ポンパレをのぞいてみたところ、こちらの「LCAFE(エルカフェ)渋谷店」を発見。「フード・ドリンクのオーダーによって、化粧品などのサンプルがもらえる」というのが特徴の女性に人気のカフェです。オトコの僕としては、自分で選ぶ際にはなかなかお店候補に入ってこないタイプでしたが、ポンパレでお得なチケットをゲットできたということもあり、「ディナーコース+飲み放題」を通常の51%割引の2250円で体験できました!

こちらのチケットの販売は、もう終了していますが、この他にもポンパレには様々なタイプのお店のチケットがたくさん。お得なチケット情報だけでなく、お店についてのコメントも掲載されているので、新規開拓にも気軽にチャレンジできそうですよ! 他人から頼られるような好人物になるには、
人を従わせるような強烈なカリスマ性以上に、
相手の立場で考え、行動できる力が必要なんですね。

様々なお店やサービスが紹介されている
「ポンパレ」でチケットを探せば、
興味の範囲外だったサービスも手軽に体験できるはず。
自分の視野を広げるために、利用してみるのもよさそうですね。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト