ルックスだけじゃない! 演技派な彼らにもう夢中?

ドラマ主演作品が増加中! “アラフォー俳優”の魅力とは?

2011.02.24 THU

『外交官 黒田康作』の織田裕二や『スクール!!』の江口洋介。さらに『JIN-仁-』の大沢たかお、『新参者』の阿部寛など。ここ数年“アラフォー俳優”主演のドラマが増えている気がしません? そこで『日経エンタテインメント!』(3月4日最新号発売)の平島綾子さんに話を聞くと…。

「近年、ドラマの視聴率を支えているのは、30代後半以降の女性。彼女たちは80~90年代というドラマ全盛期を知っているので、もともとドラマへの関心が高いんです。その上、斬新なストーリーで20代女性の関心も高かった昨年10月期の竹野内豊(40歳)主演のドラマ『流れ星』の影響で『面白いドラマや上手い役者の演技が観たい』という熱が20代女性にも広まっています。このことから、舞台などで経験を積んだ実力派や、長年ドラマで活躍している中堅どころの多いアラフォー俳優の需要が高まっているのでしょう」

確かに、L25世代に聞いた「好きなアラフォー俳優は?」とのアンケートでも「『JIN-仁-』を観て大沢たかおさんの演技に惹きこまれた」(30歳)、「堺雅人さんはどんな役でもこなせる才能があると思う」(31歳)と、好きな理由に演技力の高さをあげる声が多数! では、そんな彼らのなかでも今後注目すべきは誰?

「西島秀俊さんでしょうか。主演ドラマがないのに、アンケートランキングの上位に入るのは今勢いがある証拠。ルックスもいいしセクシーだし、映画界で培ってきた確かな演技力もある。今後ドラマの主役を演じることがあれば、さらに人気が増しそうですよね」(同)

ちなみに西島さんは『スクール!!』でクールながら内に闘志を秘めた教師役を好演中。L25世代にとっては年上で大人の魅力満載の彼ら。今後も目が離せない!
(取材+文・佐藤真由/short cut)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト