アレルギーの不思議

第2回 アレルギーって治るの?

2011.02.28 MON

アレルギーの不思議


目のかゆみやくしゃみのつらい症状も、いつかよくなる日がくるのだろうか 画像提供/PIXTA

大人のアレルギーは治らない?



症状が一度でも現れたらもうアウト。アレルギーに関するそんな噂を、どこかで聞いたことがあるような。友人が旅先でカニを食べて発疹が出た時にも、確かに「もうこの先カニは食べられないかも」なんて嘆いていたし。しかし、アレルギーは絶対に治らないという認識は正しいのだろうか。

「発症する年齢やアレルギーの種類によって、その認識は変わります。例えば乳児期に発症した食物アレルギーは小学校に入る前までに9割程度は症状が出なくなります。しかし大人になってから発症した方の場合は、アレルギー反応が完全に出なくなるのは難しいと考えられています」

と語ってくれたのは、国立病院機構相模原病院臨床研究センターでアレルギーの研究を行う海老澤元宏氏。どうやら子供と大人で大きな違いがあるみたい。
海老澤元宏氏が監修した『子どものアレルギーのすべてがわかる本』(講談社)。アレルギーのメカニズムが分かりやすく掲載されている 撮影/effect
「アレルギーは免疫機能の不具合が大きく関係して起こるものなのですが、赤ちゃんや子供というのは免疫機能がそもそも未熟です。ですので適切に対応していけば成長とともにアレルギー反応が起きにくくなり症状が出なくなります。それに比べると、大人になってから発症した食物アレルギーの治療が難しいのは事実です。これは免疫機能が不具合を起こしている理由が、未熟だからということだけではないからです。原因を突き止めるにも時間がかかりますし、なかには原因がわからない場合もあります」

なるほど。子供に比べて大人は原因が分かりにくいから、治療しにくいと。し、しかし、大人のアレルギーも症状が出なくなることはあるんですよね?

「そうですね。免疫機能が不具合を起こしている原因と、アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因となっている物質)を突き止め、治療に専念すれば、時間はかかりますが症状が出なくなるケースもあると思います」

そう簡単には解決しなそうではあるが、うっすらと希望の光が。もしアレルギーの疑いを感じてもさっさとあきらめてしまわず、まずは専門医に相談してみよう!  

アレルギーの不思議の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト