渋谷で働く社長より新入社員諸君へ

「成熟していない分野を目指せ」

2011.03.01 TUE


かさはら・けんじ 1975年生まれ。株式会社ミクシィ代表取締役。97年、東京大学経済学部在学中に求人情報サイト「Find Job!」を開設。99年法人化。04年には、当時日本ではまったく新しい概念であったSNSを「mixi」という形で実現した。
「成熟していない新しい分野を目指してください」
mixi社長 笠原健治


笠原さんがmixiを開設したのは28歳のとき。だが、社会人としての意識は、ずっと前から持っていたという。大学3年生で、求人情報サイト「Find Job!」を開設したときだ。

「求人を出していただく企業さんや、求職者の方の期待に応えて、満足していただかなければいけないという、責任感を持っていました」 ときに1997年。この年、楽天が、前年にはヤフージャパンが生まれていた。就職活動もしたが、こうしたムーブメントを意識する企業は少なく、自身のサイトの成長を優先したくて在学中に起業。就職活動は途中でやめた。

99年に法人化。「ちょうどビットバレーが注目を浴び始めていて、とにかく“ネット産業全体がこれから大きくなっていくぜ!”という空気がありました。僕も、そのつもりでこの世界に入ったんですから」。「Find Job!」にせよ「mixi」にせよ、“これはいい!”と信ずる何かを思いついたら、「なるべく早く」「執着心を持ってやる」のが信条。

「早く立ち上げた方が、ユーザーをより早く集められ、強いサービスになれる可能性が高いから」

だからフレッシャーズへの言葉も「まだまだ成熟していない新しい分野を目指してください」なのだ。すでに安定しているような分野は、いろんな変化を経て今日の姿になっている。若者が入っても貢献する力は小さいというのだ。

「成熟してない分野は変化も激しく不安定だし、能力をフルに発揮しないと生き残っていけないでしょう。でも、その分すごいスピードで、しかも希少性の高いスキルが身につくと思います。そして、その分野が大きくなるにつれ、あなたの得たスキルは世の中に対して汎用性の高いものになっていくのです」

稲田 平=撮影
photography PEY INADA
武田篤典(スチーム)=取材・文
text ATSUNORI TAKEDA

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト