オトコを深める“旬ワード”辞典

必勝! 仕事コミュニケーション術/第2回 出世につながる!? 自己アピールテク

2011.04.25 MON

オトコを深める“旬ワード”辞典

押し付けNG! 嫌味レスで自己アピールを!



がんばった時ほど、自分の仕事をきちんと評価されたいと思うのはビジネスマンの常。評価があってこそ、さらなるやる気がわいてくるものですよね。とはいえ「ボク、いつもすごくがんばってます!」なんてあからさまにアピールするのはカッコ悪いし…。となると、周囲からの正当な評価を得るためには、どんな方法があるのでしょう。マナー講師を務める西出ひろ子さんに聞いてみました。

「『リーダーシップを示せば社内評価が上がる』と思われがちですが、優れた上司ほど役割分担をきちんと見ているもの。リーダーの資質のある人もいれば、そうでない人もいるわけですから、社内での評価をアップするには、まず自分を知り、きちんと役割を果たせているかが基本となります」

なるほど。仕事ができる=リーダーシップがある、というイメージがありましたが、大事なのは「自分の資質を発揮できているかどうか」なんですね。…でも、上司ってそんなにみんなのことを見ているものなのでしょうか?
どんな仕事でも、上司にアドバイスをもらっていたあのころ。新人時代を思い出して、ささいな内容でも上司への報告を! メールに「問題ありましたら、お手数ですが一報いただけると有り難いです」などの一文を添えると、確認を待つことなくスムーズな業務を進めることが可能です。
「不安・不満を感じる前に、自分の仕事内容をきちんと上司に報告できているかを思い返してみてください。たくさんの仕事をこなす忙しい人ほど、報告がおろそかになることが多く、それは上司にとっては気持ちのよいことではありません。みなさんはいかがでしょう? 仕事の基本『ホウレンソウ(報告・連絡・相談)』をきちんとすることが第一。さらにこの3つに『確認』をプラスしましょう。新入社員の時に、耳にタコができるほど言われていたことだとは思いますが、仕事に慣れるにつれてこれを省いてしまう人が多いようです」

分かりました。「ちゃんと見てくれているか」を心配する前に、そもそも「ちゃんと伝えられているか」を見直すところから始めないと、ですね。では、その上でいざ「ホウレンソウ」をする場合、どのようなやり方がよいのでしょうか?

「メールや報告書など形に残る伝え方をすれば、相手はいつか見てくれます。内容の大小にかかわらずきちんと報告し続けることで『何も言わなくても報告してくれる』と、上司はその部下に安心感を抱きます。そしてそこから信頼が生まれます。すぐに結果が出ることではありませんが、小さな努力を積み重ねることで、きっと揺るぎない評価につながるでしょう」

仕事のスピードや効率を追いかけるばかり、ワンマンプレーになってしまってはしかるべき評価も獲得できません。これを機に上司はもちろんのこと周囲とのコミュニケーションを見直してみるのもよいかもしれませんね! 投稿募集はこちら 仕事が忙しくなるほど怠りがちになる『ホウレンソウ』。でも上司への報告を省くと、評価されないばかりか、悪印象になることも…。業務内容にかかわらず報告を続けることで、太い信頼関係が築けます。



皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

オトコを深める“旬ワード”辞典の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト