オトコのための香り活用入門

第1回 香り使いの上手なオトコはモテる?女の子に聞く、オトコとアロマの気持ちいい関係

2011.05.09 MON

オトコのための香り活用入門


これを裏付けるものとして、「異性の家で良い香りを感じたら、その人の印象は?」と聞いたアンケートでは、「良くなる」と答えた女性は85%にのぼったのだ。香りは気にして“損なし”といえそうである/首都圏在住の25~34歳の女性100人アンケート(アイリサーチ調べ)2011年3月

香りに気を遣うオトコは“好印象”



「アロマ」と聞くと、男性には縁遠い言葉に聞こえるかもしれないが、そもそも嗅覚による「香り」の恩恵は男女問わず受けられるものらしい。実際、25~34歳の男女200人に聞いた調査でも、香りによって癒やされたり、リフレッシュできた経験がある人は、実に75%にのぼったのだ。そう考えるとアロマも身近に感じられるはず。

しかしここで気になるのが、女子の目線。やはりアロマといえば、女性のものというイメージが。 彼女にどん引きされるなら今回は見送りだ…。と思いきや、先の調査における女性100人にお伺いを立てたところ、79%が、香りに気を遣うオトコは“好印象”というではないか! さらに85%が、相手の部屋に招かれたとき、良い香りがすると印象がよくなるという。

「インテリアもそうですが、ものごとを判断するのに、香りってすごく重要なんです。目で見て理解するより早く、瞬時に“かぎわけ”られるんですよ」

と語るのは、アロマセラピストの和田文緒先生。最近は男性の「香りユーザー」が増えてきているという。
好きな異性に持っていて欲しい香りのするアイテムを聞いたところ、お風呂まわりのアイテムが上位に。男女の意識差が出たのは、男→女では香水の声が多かったのに対して、女→男では衣類用洗剤や柔軟剤が上位にランクインした。これは覚えておくと彼女の高ポイントにつながるかも?/首都圏在住の25~34歳の男女100人アンケート(アイリサーチ調べ)2011年3月
「以前は、女子の習い事みたいなイメージが強かったんですが、ここ数年は男性でも生活に取り入れる方が増えてきていますね。香りを上手に使うと、周囲の人たちや自分の気分を効果的に演出できることで、男性にも広まったんだと思います」

なるほど! 香りをツールとして捉えると、ぐっとハードルが低くなった気がする。とはいえ、あくまで周囲へのアピールのためではなくセルフケアのためのもの。モテも、周囲の目を意識しすぎると逆効果だし、あくまで自然体で気を遣えることが重要といえそう。好印象につながるようだし、自分のためのアロマ、ちょっと試してみてはいかがだろう? 投稿募集はこちら 皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト