”夜のホッと時間”のつくり方

第6回 夜のホッと時間をつくる「洗濯&乾燥」講座

2011.04.25 MON

”夜のホッと時間”のつくり方

洗濯&乾燥、みんなどうしてる?



最初は、R25世代のみなさんが「洗濯」をどう捉えているかをリサーチ。とかく「面倒くさいもの」と位置づけられがちですが、実際のところはどうなんでしょう? 結果は意外や意外。「洗濯は好き?」という問いに対して、「どちらともいえない」が34%、「まあまあ好き」が30%、「好きではない」はわずか5%。失礼しました。みなさん、洗濯がそれほどお嫌いではない様子です。

しか~し! そんな気持ちとは裏腹に「洗濯は週に何回くらい?」の問いには、「1~2回」という人が68%と圧倒的。コレ、つまりは週末にまとめてやっている人が多いということでしょうか…。なるほど、多忙なR25世代の生活事情がうかがえます。
どうしても頼りがちな部屋干しですが、不安な点もたくさん。部屋の中は洗濯物だらけになるし、乾きにくい。あげくの果てに、生乾きのニオイが気になる…。なんとかして、夜のお洗濯でもサッパリと乾かす方法はないのでしょうか?
ここでひとつ疑問。そもそも洗濯とは、平日の夜にチャッチャとこなせないような大変なことなんでしょうか? 洗濯物を洗濯機に入れてスイッチON…と、ここまでは簡単ですよね。でも、問題は洗い終わってから「干して乾かす」行為。これに時間がかかる! 洗濯が終わるのを待たなくてはいけないし、時間帯や天気によっては部屋干しになってしまいます。実際「部屋干しをすることはありますか?」の問いに、「よくある」と答えた人は51%もいるのに対して「(部屋干しは)まったくない」という人はたったの3%。みなさん、多かれ少なかれ部屋干しをしているわけです。そして「部屋干しの悩みは?」という問いに対し「乾きにくい…」と答えた人が59%も。

もちろん「乾燥機を使う」という方法もあります。しかし「乾燥機能をどれくらい使いますか?」という質問には、「(家の洗濯機に)乾燥機能がついていない」という人が61%、さらに「乾燥機能はついているけど、まったく使わない」という人が19%と、現状ではR25世代のみなさんはほとんど乾燥機には縁がないみたいです…。

どうやら、真の敵は洗濯自体よりも乾燥にあるよう。敵が見えたところで後半はいよいよ具体的な「夜のホッと時間」をメイキングするための“乾燥術”を紹介していきましょう!

ひとり暮らしには「プチドラム」を効率的に活用すべし!



多忙なR25世代にとって毎日朝に洗濯して、ベランダに干すというのは至難のワザ。とはいえ部屋干しだと、乾きにくい上に、部屋が洗濯物だらけになり「ホッとする時間」なんて望むべくもありません。じゃあ、どうすればいいの? クリーニングの達人としてテレビや雑誌でも活躍中の、なかざとランドリーの鈴木義則さんに話を聞いてみました。

「乾燥に時間と手間をかけたくないなら、やはり乾燥機の活用がベストでしょうね。ハンガーにかけて干す、という時間を短縮できますし、住環境や天候によっては、ベランダで干したからといってしっかり乾かないこともあります。その点、最近の乾燥機、とくにドラム式洗濯乾燥機ならシワにもなりにくいですし、タオル類もフカフカに仕上がりますよ!」
お出かけ前に、着ていくTシャツを“ちょっと乾燥”。霧吹きでサッと水をかけて、短時間乾燥させるだけ。シワがおさえられる上、着心地もフンワリ。洗いたてのように仕上がります!
と、やはりドラム式洗濯乾燥機推しの意見。ボタンひとつで洗濯から乾燥まで任せられるから、R25世代には欠かせない存在になりそう。他に乾燥機を使うメリットはありますか?

「たとえばカジュアルシャツやTシャツなどは、出かける前に軽く霧吹きをして短時間乾燥にかけると質感がフンワリしますし、また熱で嫌なニオイをとる効果もありますよ。こうした“ちょっと乾燥”など、必要に応じて使いこなすだけで、洗濯作業がとてもラクに、そして便利になりますよ」

ふむふむ。効率よく乾燥機を使うことで、時間もできるし、オシャレで清潔感のあるオトコになれるってワケですね。ところで乾燥機を使う際の注意点ってありますか?

「乾燥後は衣類をなるべく早く外に取り出すことですね。シワになりにくいといっても、乾燥しきった衣類を放置しておくと、多少はシワが出ることがあります。なので、タイマー機能を上手に使うのがオススメです。たとえば夜、朝起きる時間に乾燥が終わるようにセットしておけば、乾燥が終わるまで待っている必要がないので、くつろぎタイムも睡眠時間もたっぷりとれますよね(笑)」

ごもっとも! 乾燥機の使い方のコツがわかったところで、みなさんにピッタリの洗濯機についても調べてみました。ベストな選択(洗濯)は…なんてダジャレはさておき、オススメしたいのがパナソニックの「NIGHT COLORシリーズ」のドラム式洗濯乾燥機「NA-VD200L」。

なんといっても注目なのが、ひとり暮らしのライフスタイルを考慮したコンパクトなサイズ。幅60cm×奥行60cmの「マンションサイズ」だから、外寸64cm×64cmの防水フロアーにすっきり収まってくれます。そしてこの新開発の「プチドラム」は、たっぷり洗える6キロ洗濯・3キロ乾燥。6キロというと、ひとり暮らしなら1週間洗濯物をためてしまっても余裕に1度で洗える容量。しかも低騒音設計だから夜の家事にもぴったりです。貴重な夜ジカンや休日は、洗濯&乾燥に追われる生活から抜け出したい! というみなさん、ぜひチェックしてみてください! 乾燥機を活用すれば、衣類も、夜のリラックスタイムも、さらに快適に! 毎日のお洗濯を効率よくすませて、夜のホッと時間を確保しましょう!

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト