干支だけにブーム!?

専門店続々で、ウサギ人気が右肩上がり!

2011.05.11 WED


一番小さなうさぎの品種、ネザーランドドワーフ。体重は大人でも1キロ程度。どこから見ても丸い顔と小さな立ち耳がキュート!
ペットの定番といえば犬と猫。近年、それに次いで人気なのがウサギだそうで、専門店も続々オープンしているという情報が。1997年に開業したウサギ専門店「うさぎのしっぽ」の代表町田修氏は、ウサギの人気ぶりについてこう語る。

「ウサギ専門店は年々増えていて、現在では全国で50店舗以上あると思われます。ウサギ人気のおかげで、弊社の売り上げも前年比で毎年10%以上伸びていますよ。もともと20代から30代の女性が購入層のメインでしたが、最近は男性が1人で飼うことも多くなってきています」

そうなんですね。ウサギって1人暮らしの男性でも飼いやすいんでしょうか?

「ウサギは清潔好きなうえに体臭がほとんどなく、鳴くこともないため、近所迷惑の心配が少なくて集合住宅でも飼いやすい、というのが一番のポイントです。また、散歩の必要がなく、飼い主が留守の間もストレスなく過ごすことができるのもポイントでしょう。近年はコンパクトなサイズのウサギの品種が増えているので、飼育スペースも小さくワンルームでも問題なく飼えるのも魅力です」

なるほど。ちなみに、犬や猫は人になつくイメージがありますが、ウサギも人になつくんですかね?

「ウサギはもともと社会性のある動物なので、人にも良く馴れるんです。環境になじんで飼い主を信用してくると、だんだんとコミュニケーションが取れるようになり、いろいろな表情を見せてくれますよ。飼い主とウサギがお互いの絆を築くまで少し時間がかかりますが、その分強い結びつきが生まれます」

1人暮らしの男性だと仕事で帰宅が遅くなりがちですが、ウサギと生活のサイクルが合わない、なんてことは?

「ウサギは日の入りや日の出近くの薄暗い中を行動する、薄明薄暮性の動物とされています。だから少しぐらい夜遅く帰っても、ウサギの睡眠の邪魔になる心配はなく、遅い帰宅の後にウサギの世話をしたり一緒に遊んだりすることも可能です。とても飼いやすいウサギですが命のある生き物ですから、飼うなら最後まできちんと面倒を見てあげてほしいですね」

ウサギ人気の秘密、理由を聞いてみれば納得。仕事が忙しくストレスを溜めがちなR25世代。帰宅するのを待っていてくれて、その可愛らしさで癒やしてくれるウサギ、1人暮らしのお供にしてみてはいかが?
(伊藤 裕/GRINGO&Co.)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト