もうすぐ母の日!

ラメ付きから世界初の青系まで…驚きの「個性派カーネーション」!

2011.05.11 WED


母の日といえばカーネーション。

カーネーションは“赤”だけではないって知ってた? ピンク、イエロー、オレンジ、グリーン、ショコラ…と本当に様々なカラーバリエーションがあるんです。また、最近では、特殊な染料を茎から吸わせることで虹色の花びらを作り上げたカーネーションや、天然ダイヤモンドのラメパウダーを花びらにちりばめたカーネーションなど、アレンジを加えた変わり種も登場。これらのカーネーションは、一般の花屋にはあまり出回りませんが、通販サイトなどで購入が可能です。

そして、なかでも注目なのが、酒造メーカー・サントリーが豪・バイオベンチャーと共同開発した、世界初の青いカーネーション「ムーンダスト」。カーネーションには青色遺伝子が存在しないため、青い花を咲かせることは不可能といわれていましたが、最先端のバイオテクノロジーによって実現。1997年から発売が開始された新種です。

「特に人気の色は、深みのある青紫色の『プリンセスブルー』と淡い赤紫色の『ライラックブルー』。淡い色味から濃い色味まで4種類のバリエーションがありますので、組み合わせてグラデーションを楽しめます」(サントリーフラワーズ・金山さん)。

今年は、珍しくてキレイな「個性派カーネーション」でお母さんをビックリさせてみては?
(取材・文/増岡真理)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト