二重の幅を決める、”目盛り”スティック搭載!

大手化粧品メーカーから初! ケイトから”二重のり”の実力を検証

2011.05.19 THU


ケイト アイラインフィクサー 1050円/カネボウ化粧品
一重や奥二重をぱっちり二重にする、化粧道具「二重のり」。ついに!大手化粧品メーカーから登場しました。昔は、冒頭のような使い方が一般的だったけど、最近では、使い方そのものが変化して、メイクとしてのウェイトが高くなり、二重のコも愛用しているんだって。二重の幅を広げることで、より大きなぱっちり二重が完成。カネボウ化粧品の調査によると、二重のコの3割以上が二重のりを使ってるそう。

そんなニーズを受けて開発された「ケイト アイラインフィクサー」は、巷にあるものと比較して、スティックにこだわりアリ。一般的なものは、のりをまぶたに塗った後、グイッとプッシュするためだけにスティックを使いますよね。ケイトはそれだけでなく、もう一方に二重の幅を決める”目盛り”がついているんです。コレがなかなか使いやすくて、5mm、7mm、9mmと自分で調整できるんです。幅の長さによって目元の印象はかなり変わりますから、この目盛りはすごく重要! もともと二重な私もさっそくトライしたところ、目が普段より1.5倍は大きくなりました! 不思議なもので幅が変わると、顔の印象がだいぶ変わって、すごーく新鮮。みなさんもメイク感覚で楽しんでみて♪

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト