最近にわかに増加中!コーヒーそのものを味わう!?

スタンド型コーヒーショップの魅力とは

2011.06.02 THU


東京都内では、こだわりのコーヒーを飲める小規模なスタンド型のコーヒーショップが増えています。店舗のスタイルはさまざまで、カウンターのみの店舗や、販売しているのはコーヒーのみのところも。その一つが、三宿に昨年オープンした「NOZY COFFEE」。こちらの店舗では食べ物は置いておらず、販売しているのはコーヒーとコーヒー豆のみ。イートインスペースもありますが、座席数は4席とコンパクト。このようなお店を作った理由について、代表の能城政隆さんに伺いました。「あまり知られていませんが、コーヒーもワインのように生産地域や品種、収穫年などによって、品質は異なります。高品質なコーヒー豆をブレンドせず、そのままの個性をダイレクトに感じる“シングルオリジンコーヒー”として提供することで、皆がまだ知らないコーヒーの世界を伝えたいとオープンしました。例えばニカラグア ブエノスアイレス農園 カトゥーラ種という豆はチョコレートの風味を感じられる、ドミニカ ヒメネス農園はなめらかで、少しベリー系の印象があるというように、それぞれの豆に魅力的な個性が存在します。この個性をぜひ楽しんでほしいです。食べ物の販売はしていませんが、近くのパン屋で購入したものを持ち込んでいただいたり、逆にテイクアウトをして近くの世田谷公園などをお散歩しながら飲む方も多いですよ」

早速スタッフの佐藤さんに2種類の豆それぞれでカフェラテを作っていただき、飲み比べてみたら確かに違う! ちなみに私のお気に入りはドミニカ。甘くやわらかな香りがたまらなくおいしかったです。店舗での居心地のよさを求めるカフェに対し、コーヒーそのものの味を重視するスタンド。この春はコーヒーのおいしさを発見してみてはいかが?

NOZY COFFEE http://nozycoffee.jp/

(取材+文、写真・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト