6月に氷室京介がチャリティライブ

知っている人も知らない人も要チェック! “BOφWY”の魅力って?

2011.06.09 THU

邦楽界の大御所たちが続々とチャリティライブを決行! なかでも注目は、BOφWYの楽曲を披露するという氷室京介。会社の上司や先輩がこの話で盛り上がっているけど、わからないってL25世代もいるはず。いったいどんなバンドだったの?

「1981年から88年の7年間、氷室京介、布袋寅泰、松井常松、高橋まことという4人のプレイヤーで活躍したロック・バンドです。パンクやニュー・ウェーブ、パワー・ポップなどを独自の解釈を加えたビート・ロック・サウンドに作り上げ、キャッチーで覚えやすいメロディーを乗せたBOφWYの楽曲はどれもカッコよく刺激的なもの。新しいサウンドと、スタイリッシュなファッションやヘアスタイルなど、それまでのロック・バンドにはなかった華やかな要素も魅力的で、多くのファンに受け入れられたのだと思います」(GiGS編集部・冨永弘編集長)

邦楽を紹介するとき、よくBOφWYが引き合いに出されるのはなぜ?

「彼らのサウンドとヴィジュアルは強烈なインパクトを音楽シーンに残しました。楽曲、ファッション、ステージングに至るまでBOφWYからの影響を語るミュージシャンは数多く、多岐に渡っています。BOφWYがいなければ現在の日本の音楽シーンは全く別物と言っても過言ではないでしょう」(同)。

T.M.Revolutionやゆずの北川悠仁さんが尊敬しているって聞いたことがあるかも。これは要チェックですね。
(取材+文・小竹あき/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト