あなた好みのバーはどれ?

缶詰? 漬物? ○○専門バーの魅力に迫る

2011.09.01 THU


BARといえば、落ち着いた雰囲気の店内で、一人でお酒を楽しむ…。そんなイメージの人も多いはず。しかし、最近では個性的なバーが続々登場してるんです。今回はR25編集部が注目した少しクセのあるバーを紹介します。

まず、紹介するのは人形町にあるカップ酒・缶詰バー「キハ」。注目は電車の車両風に改装された店内。立ち飲みスペースには吊革、網棚、手すりが設置され、お店の代表者の二上さんは駅員の制服に身を包んでいます。
だけど、カップ酒と缶詰と電車に一体どういう関係が!?

「食べ物の保存技術が発達していない時代、列車旅のお供は駅弁と缶ビールではなく、カップ酒と缶詰でした。その雰囲気を味わって欲しくて、店内を改装したんです」(二上さん)

なるほど! オススメのメニューはあるんですか?

「やはり、缶詰です。ホタテの缶詰にタルタルソースを添えたりするなど、美味しくなる工夫をしています。地方から缶詰を仕入れることもあるので、ラッキーな人はレアな缶詰を食べられるかもしれません」(二上さん)

続いて紹介するのは、
恵比寿の「えびす 駄菓子バー」。なんと、お通しの代わりに駄菓子食べ放題! 「いろいろな年代のお客様に利用していただいてます。人気のお菓子は、うまい棒とココアシガレットですね」(店長 岡さん)

吉祥寺ハーモニカ横丁にある「漬物BAR 4328」(しみずや)も老舗漬物屋「清水屋」の本格漬物が味わえる、として注目大。「店員とお客さんとの距離が近くて、アットホームなノリの店です」(店長 清水さん)

お酒が飲めない人にオススメなのが渋谷の「ウォーターカフェ&バー アルティカ」。世界各地の名水が十数種類、常備されています。「お酒の割り物に、お好みの水をセレクトすることもできますよ」(店長 赤井さん)

などなど、いずれも個性あふれるバーばかり。
どこも1軒目から入りたくなるような魅力が満載でした。
(名嘉山直哉/DECO)

※この記事は2011年1月に取材された内容を再掲載しています

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト