免疫力アップ、眼精疲労、アンチエイジング…

夏の体力ダウンを「お薬なスイーツ」で補充!? 女子の栄養をサポートするカフェが人気!

2011.07.28 THU


生薬ジュレのクリームあんみつパフェ。水の代わりに毎日時間をかけて煮出した生薬を使用 「銀座ビストロカフェ」http://www.ginzacafewelltas.com/
暑さのせいか、仕事の頑張りすぎか、はたまた遊びすぎか…夏ってなかなか疲れが取れないですよね。そんなときに食べて元気になれるようにと栄養士や薬剤師、医師が監修しているメニューを提供し、栄養をサポートしてくれるというカフェがあるって知ってる?

なかでも「銀座カフェビストロ」は、気になるお悩みタイプごとに調合された生薬や素材を使ったスイーツがいただけるのですが、なんとこちらは病院が運営するお店!

オーナーの永井和恵さんによると、患者さんのなかに明確な病気ではなく、なんとなく不調だったり、心身の疲れを感じたりしている人が増えていて、「食事から心身の健康を作り出せないか?」と考え、このお店をオープンしたとか。

「サプリメントもいいけれど、食事をすることはまず脳の満足感を得られ、きれい・美味しい・楽しかったなどと感じることが栄養の吸収やその効果を高めると考えられています。また、正しく胃腸を運動させると、自然治癒力を作っていく効果も。そこで、お薬を食べていただくようなイメージで、健康バランスを戻すサポートするメニューを提供するお店を作りました」(永井さん)

メニューには、免疫力アップ、眼精疲労にアンチエイジングと、お年頃の働く女子ならば気になるお悩みタイプが並んでいます。お食事メニューはもちろん、お悩みをサポートしてくれる「生薬入りカボチャのケーキ」や「生薬ゼリーのクリームあんみつ」などのスイーツも充実。

ショッピングの合間に立ち寄ったり女子トークに花を咲かせるカフェで栄養サポートができるのってうれしい~。カフェでパワーチャージして、この猛暑を乗り切ろう!
(取材・文/北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト