キュートな映画でほっこり気分♪

子供たちが主役の映画祭は、大人も必見!?「キンダー・フィルム・フェスティバル」が開催

2011.08.11 THU


(c)2009 Fastnet Films
加藤清史郎くんに芦田愛菜ちゃん、鈴木福くん…。近頃、キュートな子役が大活躍。予想不可能な彼らの言動は、見ているだけで心和むもの。そんな子供たちを見て癒やされたいなら、8月12日(金)~13日(土)は“日比谷公会堂”、8月18日(木)~21(日)は“調布市文化会館たづくり”で開催される映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」に行ってみては? 

「今年で19年目を迎える本映画祭は、子供が楽しめる作品を集めた世界映画祭です。世界中の心温まる作品に出会える映画祭は、子供だけでなく大人も十分に楽しめますよ」(キンダー・フィルム・フェスティバルのプログラミング・ディレクター・藤木美咲さん)。

L25世代におすすめのプログラムは『大人に観てもらいたいキンダー・フィルム』だとか。「ロシアの短編アニメ『プレイメイト』と長編『ランウェイ』が特におすすめ。
前作は、ぬいぐるみと少年の別れを描く物語。大人だからこそ理解できる切なさを感じられるはず。後作はアイルランドに不時着したパイロットと9歳の少年の実話を基にした物語。年代を超えた友情の物語に胸が熱くなるはず」(同)。

日比谷での開催中、日比谷公園に屋台村がオープンするそう。映画で心が満たされた後は、世界の食でお腹を満たす、そんな1日を過ごしてみては?
(取材+文・小竹あき/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト